大好きだった彼にひどいフラれ方をした…。もう立ち直れないと思うくらい落ち込み、何も手につきませんよね。

彼との別れ方がトラウマになり、新しい恋なんてできるのか不安になる気持ちもわかります。一刻も早くこの苦しみから抜け出したいあなたに、失恋のトラウマを克服し立ち直る方法をお伝えします。

 

自分の気持ちに嘘をつかない

彼との思い出を忘れようとするほどに、忘れられないのが失恋のつらいところです。仕事中も彼のことが頭から離れず、もしかしたら夜も眠れないほどに心を悩ませているかもしれません。

そんなとき、悲しい、苦しい、彼が憎い、という素直な感情を押し込めてしまうのは逆効果です。失恋をしたら、まず自分の気持ちに正直に向き合いましょう。

悲しみの底を目指して、一日中泣いてみるのも良いかもしれません。友達に話を聞いてもらい、彼の酷い仕打ちに共感してもらったり、大好きな甘いものやお酒に逃げたって構いません。

頭の中に浮かんだ感情を、ひたすらノートに殴り書きしていくのもおすすめです。自分が今つらい思いを抱えていることを隠さずに、心ゆくまで落ち込みましょう。

しかし、これはあくまでも、どん底から上昇していくための準備です。この準備がなるべく短期間で終わるよう、心の声に忠実になりとことん悲しみきることが大切です。

まずは一歩、外に出てみる

どん底まで落ちて涙も枯れ果てたら、次は外の世界に目を向けましょう。誰とも会いたくない!と引きこもりがちになっているかもしれません。

無理に知人と会って話す必要はありませんので、とにかく街に出て人の気配を感じてみましょう。そこには生活があり、様々な人がいて、あなたが失恋をする前と変わらない世界が広がっています。

自分がこんなにつらい思いをしている間も、世界は変わらず動いている…。逆もまたしかりで、誰かが立ち直れないほど悲しい思いをしていたとしても、あなたは普段通りの生活を送ってきたことでしょう。

生きていく以上、誰にだって悲しいことやつらいことはあり、他人から見たら取るに足らないことかもしれません。

たとえひとつ恋が終わっても人生が終わるわけではないし、生きていれば新たな出会いや楽しいことがたくさんあるということを理解しましょう。

気持ちがフラットになってきたら、趣味や旅行に時間を費やしてみて、楽しいことはまだこんなにある!とパワーを補給するのも効果的です。

後悔する必要はない

失恋=人生の終わりではなく、自分の人生においての恋が一つ終わっただけで、仕事にも健康にも周囲との関係にも何ら変化はないと考えると、ほんの少し気持ちが楽になりませんか?

RECOMMEND PR