職場に隠れているサイコパス女。普段はやさしくていい人なのに、自分の立場が危うくなると態度が一転…!それを気づかれないようにうまくやってしまうのが、サイコパス女のタチが悪いところ。ここでは、サイコパス女の特徴と性格をご紹介します。

サイコパス女には近づかない、近寄ってこられたら逃げてしまうのが一番です。サイコパス女の特徴をあらかじめ掴んでおいて、いつでも見分けられるように心の準備をしておきましょう!

 

1.男性から人気がある

サイコパス女は演技やお世辞、態度の使い分けがとても上手です。日常生活のやりとりでは全て演技をしていると言っても過言ではありません。

そのため、男性からの人気は絶大です。男性がどう言えば喜ぶのかを過去の経験から習得ずみです。サイコパスとは信じられないくらい、普段は男性への人当たりがよいのが特徴です。

2.営業成績がいい

もしサイコパス女が営業職なら、間違いなく成績はよいでしょう。前述したように、サイコパス女は演技やお世辞に長けています。そのため、顧客からの支持が厚いことも多いのです。人の弱みにつけこむことがうまいので、営業成績が良いことも当然のことですね。

3.真顔になるスピードが速い

談笑していた、と思っていたら即真顔に…。そんな人はサイコパスかもしれません。サイコパスにとって、談笑も演技の一環でしかありません。そのために演技が終わった瞬間本来の自分に戻ってしまうのでしょう。

また、客先や上司にお詫びしている時も、お詫びが終わった瞬間にすぐに元の顔に戻ります。申し訳なさなど、本当は1ミリも感じていないからです。

4.受け取った贈り物を平気で捨てる

同僚が旅行に行った時のお土産やホワイトデーのお返しなど、会社では色々とものを受け取る機会があります。そんな時に、一度受け取ったものを平気で捨ててしまうのがサイコパスです。

普通の人なら「もらったけど、好きじゃないから食べてくれない?」と誰かに聞くか、もしくは一度持って帰ります。しかし、サイコパスは人目など気にせず、その場でゴミ箱にもらったものを投げ捨てます。

くれた人がどんな気持ちになるか、また周りの人が自分を見てどんな気持ちになるのか、ということが想像できないからです。

5.人の書類を破いて捨てる

これも一つ前の特徴と似ていますが、サイコパスは人が作成した書類を目の前で破いて捨てることがあります。その書類を作った人がどんな気持ちになるのかなんて考えもしません。

理由を聞くと、「シュレッダーの代わり」というなんとも納得できかねない返事がくることも…。人の苦労もわからないような人に、自分の作った書類を渡さないように注意しましょう。

6.自然と責任を人に押し付ける

これが、サイコパスの最大の特徴かもしれません。「自然」と人に責任を押し付けます。例えば、何かミスがあった時に「○○くんに頼んだよね?どうなの?」と、自分の管理ミスや指示ミスにも関わらず、後輩の解釈が間違っていたかのような責任の転嫁をします。