なんだかんだと理由をつけて、かまってもらおうとする彼氏。面倒だなと思う女性も多いのではないでしょうか。寂しいのかな、とわかっているつもりでも、あまりにしつこいと嫌気がさしてきますよね。

かまってちゃんな彼氏は、どうやってもかまってほしくてたまらないのですが、それに毎回付き合っていたら大変なことになり、疲れてしまいます。

相手の予定を考えず、自分の予定で動いてしまうので、こちらの生活に支障をきたすことも。ストーカーのように付きまとわれた困りますね。

でも、好きだから付き合っているので、別れることは考えていないはず。これからご紹介する「かまってちゃん彼氏の6つのかわし方」を読んで、上手に付き合っていけるようにしましょう!

 

1.連絡のルールを決める

かまってちゃん彼氏は、仕事中でもお構いなしに連絡してくることが多いのですが、すぐに返信できませんよね。仕事中に携帯ばかりいじっていたら、上司に怒られてしまいます。

返信できないでいると、また嵐のようなLINEやメールがきてしまい、どうしていいかわからなくなります。そうならないように、

  • LINEは何時から何時まではダメ
  • その時間に送ってきても返信できない
  • 連絡は一日何回まで

と連絡のルールを決めてはいかがでしょうか。

最初は納得しないかもしれませんが、自分が返信できない理由をきちんと説明して、決して無視しているわけではない、返信したいけど出来ない、と理解してもらえるようにしましょう。

そして、仕事が終わり連絡できるタイミングになったら、自分から「仕事終わったよ」と報告し、彼氏を安心させるようにしましょう。

自分から報告しなければ、無視されている、ないがしろにされている、と思い込んで怒る可能性もあるので、それを避けるためにも、自分から報告するほうがいいですね。

2.聞いているふりをする

かまってちゃん彼氏は、自分の話を聞いて欲しくてたまらないので、どうでもいいことでも重要なことのように話してくることがあります。心のなかでは「また始まった」「しつこいよ」と思っても、決して態度に出してはいけません。

面倒臭くても、「うんうん」「あ、そうなんだ」と真剣に聞いているふりをしましょう。多少オーバーリアクションもOKです。

もちろん、真剣に聞いてもいいのですが、毎回真剣に聞いていると疲れてしまいますので、軽く聞き流しながら、相槌をうつことをおすすめします。