女性が目を合わせてくれなくてもしかして嫌われている?と感じたことはないでしょうか?目を合わせてくれいないというと、ネガティブな感情からだと思いがちかもしれないですが、女性が目を合わせないのには理由があります。女性が目を合わせてくれないその心理を紹介します。

 

1.好意を持っているから。

まず女性が目を合わせてくれない心理として1番多いのが、あなたに対して好意を抱いているというのが挙げられます。好きな人と目が合うと恥ずかしくて、咄嗟に目を逸らしてしまうのです。

もしパッと目が合ったときに、その女性の視線が下に逸らされたらその女性があなたに対して好意を持っている可能性があります。

自分の感情を隠したくなる時に、下に視線が下がる傾向があるからです。最初は、逸らされていても関係が発展したり、仲良くなって来れば、自然に目合わせてくれることが多くなって来ると思います。

2.興味や感心がない

通りすがりの人や電車やお店の中など赤の他人と目を合わせることはほとんどありません。目が合ったとしてもすぐに逸らすことが多いと思います。

女性が、話をしていたりするときに目を合わせないのは、興味や感心がなく、なんとも思っていないからかもしれません。その場合は、好意があるときと違って、真横に視線を逸らすことが多いです。

3.隠し事がある

人は、後ろめたいことがあると目を合わせることができません。女性が目を合わせてくれないのは、もしかしたら隠し事や後ろめたいことがあるのかもしれません。怪しいなという雰囲気があればそれが理由かもしれません。

その4 元々目を合わせることが苦手

単純に目を合わせることが苦手という人もいます。目を合わせて話すことができなかったり、恥ずかしがり屋な人もいますよね。

その人は、特定の人にだけ会わせないのではなく、基本的に他人と目を合わせること自体が苦手なので仕方ないことでもあります。

こういう人の場合は、目を合わせてくれないからと嫌われていると判断せず、他の人と話をしているときの様子を観察してみましょう。もしも、女性と話すときも目を合わせていなければ、目を合わせることが得意ではないのかもしれません。

4.好意に応えられないとき

例えば、男性からの好意に応えられないときに目を合わすことができないという女性もいます。

男性からの好意を感じていたり、想いを伝えられた後などにその気持ちに応えられないと思っていると、言葉にする前に目を合わせないことで応えられないということを表すということもあります。

RECOMMEND PR