婚活を通じて知り合ったお相手。毎日LINEしてデートも重ね、いい感じのムードに。とうとう、この人が運命のパートナーかも!!…と思っていたら、突然パタリと連絡が途絶えた。

LINEもブロックされている!婚活中の方なら必ず一度はあります。あるあるパターンですよね。

理由もなくいきなりサヨナラなんてどうゆうこと??

またかよ。ほんと、常識ないヤツ!

と不満タラタラしているうちに、次に出会った相手とも、その次に出会った相手とも、いつしか連絡がパタリと途絶えていくパターンが増えている…。もしかすると、あなたは

相手が連絡を断ちたくなる言動をしているのかもしれません!!心あたりのある方は、ここでうーんと謙虚になって、自分の行ったお相手への言動を振り返ってみましょう。

どうせ他に良い人ができたんでしょ

は、大抵の場合、誤解です。特に喧嘩した覚えもないのに、突然連絡が途絶えると、男性も女性もまずはそう思ってしまうのではないでしょうか。

ですが、これはとても危険な勘違い。他に良い人ができたと思うことはあなたとの関係には問題はなかったと言い換えることができるからです。つまり、自分には落ち度はなかった、という前提で生まれる発想が

どうせ他に良い人ができたんでしょ??確かに、お相手に他に恋人ができて自分が捨てられたのであれば、自分は被害者でいられますよね。

ですが、今まで何度かそういう思いを味わった方に苦言の一言。一見順調だった交際が突然途絶えるときは、大抵があなた自身に問題があり、お相手は

もうあなたとはご縁がないと拒絶されています。加害者はあなたなのです。連絡がない相手にやっぱり僕なんかより、いい人ができたんですよね。

せいぜいお幸せにと、最後にトドメの言葉をぶつけてしまう人は、拒絶された自分の行為に気づかないまま、同じことを繰り返す傾向があるので、要注意です。やってしまっていませんか?婚活中にお相手に対するNG行動

俺以外の人ともデートしたりしてるの?

これは、婚活中のお相手に対して、絶対にNGな問いかけ。気になる気持ちは、よぉくわかりますが、ここは大人同士なのですから、ちゃんと真剣交際がスタートするまでは、お互い干渉しないことがマナーです。

逆に、「昨日会ってた男性が言ってたんだけど…」などと、お相手本人の前で、別の異性の話を堂々としてしまう行為もやはりNGです。

どうしてもその話がしたいなら、「昨日会っていた彼」などとぼやかさず、「会社の上司が」「幼馴染が」と置き換えましょう。

これも大事なマナーです。婚活中に、他の異性の存在を匂わせて、関心をひこうとする術は、通用しません。これは他の異性の存在そのものよりも、他の異性の存在をつい口にしてしまうという非常識さに、お相手は引いてしまうからです。

RECOMMEND PR