社内恋愛から結婚にまで発展することが多いですが、女性の場合は特に社内恋愛から結婚するまでの流れ・行動に対し注意すべき点が多数あります。

社内恋愛にはメリット・デメリットもありますから、対応一つで周囲の対応も変わってきますが、どんな流れや行動を取るべきなのでしょうか?

LINEトーク占い

【隠すのが辛い社内恋愛をしている時には】お試し無料で相談してみる☆初回10分無料(最大2,800円相当)!ぜひこの機会に利用してみてください!

1.社内恋愛は絶対ナイショ

社内に好きな人ができた時、単なるあこがれやミーハーな気持ちで盛り上がるならありですが、社内恋愛にまで発展したなら周囲に付き合っていることをバラしてはいけません。

特に付き合い始めの頃は、誰かに祝福してもらいたい・自慢したいと感じますが、職場内の恋愛は下手すると、周囲の反感ややっかみを買う可能性があります。

親しい人・口の堅い人に留める

例えばですが、彼氏が欲しい人の目の前で幸せそうなカップルが仕事していたら、それだけでムカつく、不愉快だと感じる人もいますし、ねたみや社内いじめに発展するきっかけになりかねません。

特に女性はうわさ話が大好きですから、ナイショにしていてもあっという間に広がり社内に知れ渡ってしまうので、本当に親しい口の堅い人のみに留めないといけません。

社内恋愛から結婚するカップルは多いですが、入籍が決まるまでは付き合っている事は内緒にしておきましょう。

嘘は辛いけど最初からいないと伝えとく

ただし付き合っているのを隠すために、ウソを付き続けると信頼関係が傷付く可能性もありますから、社外に彼氏がいると言い続けるより、最初からいないと伝えておく方が無難です。

2.公私混同しない

会社によって社内恋愛が禁止されているのは、恋人同士がケンカした・別れた後、関係がギクシャクし、社内の雰囲気や人間関係を悪化させることが多いため、あまり推奨されない傾向が強いのです。

  • チラチラと彼氏・彼女にアイコンタクトを送る
  • 異性と話しているのを見て嫉妬しケンカになる
  • 物陰でコソコソ隠れていちゃつく
  • 恋人から頼まれた仕事を毎回最優先させる

など、業務中にもかかわらず公私混同し続けると、職場に何しに来てるのかと疑われます。