気に入らないことがあると怒鳴り散らす彼氏、夫婦喧嘩の度に声を荒げる旦那、不機嫌になると理不尽に喚き散らす友達、少しのミスで感情的になって叱る上司・・。

世の中には怒鳴られる場面はいくらでもあります。どうして冷静になることができずに言葉の暴力を振るう人間が後を絶たないのでしょうか?

そこで今回は怒鳴る人の心理と対処法を7つ紹介します。怒鳴られてストレスが溜まっている方必見です。

スポンサーリンク

1.情緒不安定になっている

怒鳴る人の心理として、おそらく最も多いのは『情緒不安定』です。

情緒不安定になると喜怒哀楽の表現が上手くできなくなってきます。そして、特に”怒”や”哀”の感情は普段より激しく現れてきますので、「こんな事で怒鳴る必要ないのに・・」といった事にも激しく怒鳴りついてしまう事があるのです。

情緒不安定は何が影響しているかというと、下記の原因が考えられます。

  • 身体や心が疲れている
  • 大きな悩みやトラウマを抱えている
  • やる事が多く頭がぐちゃぐちゃになっている

もし相手が連日仕事などで疲れきっていて怒鳴っている場合や、普段は温厚なのに一時的に急に怒鳴りはじめた場合は、この情緒不安定からくる怒鳴りであると考えた方がいいかもしれません。

あなたの彼氏や友達が疲れ切って自分を見失っているなら、多少の事には目を瞑って優しい言葉をかけてあげましょう。

2.支配をしようとしている

人によっては、『怒鳴る=威厳や強さ』と判断している方もいます。相手がこういった考えを持つ方である場合は、怒鳴る事で自分の威厳や強さをアピールして、あなたを支配したいと考えている可能性があります。

こういった方の見分け方は、普段から怒鳴っているか怒鳴っていないかがポイントとなってきます。また、普段から権力に固執している、普段から感情で周囲を動かそうとしている方にも、こういったタイプの方が多いです。

また、他にもまだリーダーや上司のポジションに慣れておらず焦っている方も、怒鳴る事で相手を支配しようとする事があります。

付き合う前に絶対にチェックするべきモラハラ男の特徴8選に多く当てはまる可能性も高いタイプでしょう。恋人関係になることは避けるべきです。

3.過去のトラウマなどの影響

過去に親や上司などに日々きつく怒鳴られて生きてきた方は、それがトラウマとなり、本人にも怒鳴る気質が受け継がれている事があります。

相手がこういったタイプですと、相手は怒鳴る事が当たり前と感じていたり、過去の鬱憤を晴らしたいと思ったりして、必要以上に怒鳴ってしまう事があります。

こういったタイプの方を見分けるのは難しいですが、明らかに些細な事にでも普段から怒鳴っている方はこの手のタイプの可能性はあります。こういったタイプの方は、あなたに全く非がなくても急に怒鳴りだす事もあるので特に注意したいタイプです。

4.気を晴らしている

ストレスや悩みを抱えている時に、人と話したり、歌を歌ったり、大きな声で泣いたりすると気が晴れる事がありますよね。これと同じ理屈で、声を上げ怒鳴る事で気が晴れる方というのもいます。

相手がこういったタイプなら、ストレスや悩みが多くなってくると、たとえあなたに非がなくても激しく怒鳴りちらす場合があります。

こういったタイプの見分け方としては、声がポイントとなってきます。怒鳴る時だけやたらと声が大きい、声の中にどこと無く明るさがあるといった場合などは、気を晴らすために怒鳴っている可能性があります。

また、何度も同じ話を繰り返したりして、やたらと怒鳴る時間が長い方も気を晴らして怒鳴っている可能性が考えられます。

このタイプは怒鳴りだしたら逃げるのが賢明です。気が晴れた後に戻ってこれば何事もなかったように接してくるでしょう。

5.あなたの事を考え怒鳴っている

人徳のある方や後輩・部下思いの方だと、あなたの間違いを正したいと心から願い怒鳴る事があります。特に過去に苦労した方や、あなたに自分を照らし合わせている方だと、些細な事であっても敏感になり過剰に怒鳴ってしまう事があります。

こういったタイプの見分け方としては、表情や声がポイントとなります。怒りというよりは、あなたに訴えかけるような表情や声で怒鳴っている場合は、こういったタイプである可能性が考えられます。

また、普段から密接に関わっていたり、可愛がられている方に急に怒鳴られた場合も、あなたの事を考えて怒鳴っている可能性が考えられます。

相手が自分のためにエネルギーを使っていると感じたら、ありがたく話を聞くべきでしょう。心の中で「うざい・・」と思っていては、また同じことの繰り返しになるでしょう。

6.怒鳴られる様な事をした

  • 周囲に迷惑が掛かるような大きな問題を起こした
  • 同じようなミスを繰り返してしまった
  • 相手の勘に触るような行動をした

このように、あなたの行動に問題がある場合は、相手がどんなタイプであっても怒鳴る事はあります。

特に普段怒鳴らない様な方に怒鳴られてしまった場合は、自分の行動を見直してみる事も大切です。自分はそれほど問題ないと思った行動でも、相手の目線から見ると大きな問題となっている事もあるのです。

また、些細な事であってもそれを継続して行ってしまうと、相手の怒りはある一点を超えて爆発し、怒鳴ってしまうこともあるのです。

とにかく、このようなケースは相手が問題なのではなく、非がある自分の責任です。真摯に受け止めて同じことを繰り返さないように心がけましょう。

7.病気を抱えている

これは稀なケースですが統合失調症などの精神的な病気を抱えていると、それが原因で突如怒鳴りだす事があります。相手がこういったタイプの方ですと、あなたに全く非が無くても突如怒鳴りだしたり罵倒したりする事があります。

こういったタイプの見分け方は、難しく一概には言えません。ただ普段から妙に変なタイミングで怒鳴りだす、怒鳴っている際に放つ言葉が何を言いたいのか分からないといった場合などは、精神的な病気が関係している可能性が考えられます。

相手が病気を抱えていると分かっている場合は、寛大な心で受け流すしかないでしょう。

どうして怒鳴っているのか冷静に判断する

怒鳴る人の心理と対処法を7つ紹介しました。相手がどうして怒鳴っているのか冷静に判断して、今回紹介したどのタイプに当てはまるのか見極めることが大切です。

  • 自分のために注意してくれているのか?
  • ストレスを発散しているだけなのか?
  • 精神的な原因があるのか?

相手の気持ちになって冷静に対処することが大切です。間違っても、こちらが感情的にならないようにしましょう。

スポンサーリンク