あなたの思う美人とは、どのような女性ですか?美人と言われて思い浮かべる女性は、人それぞれ違うでしょう。それなら、どのように「この女性は美人だ!」と感性を共有することができるのでしょうか?

そこで今回は美人の定義を7つ紹介します。あなたは何個当てはまりますか?

スポンサーリンク

1.顔が整っている

美人とは言葉の通りルックスが重要です。その人を判断するうえで一番最初に目につくのは、なんといっても顔です。顔が整っていると全体のバランスが良く美しく見えます。

どれか一つのパーツだけが大きかったり特徴的であると、その部分ばかりに目がいってしまい、きれいだと感じることはないかもしれません。

その点、全体的にバランスの取れた顔立ちは美しく印象が良いです。もちろん外見だけで判断することはできませんが、顔が整っていることによって内面も生活を規律して過ごしているのではないかと感じさせられます。

2.髪がきれい

髪は顔の次に見られるものかもしれません。髪にツヤがあるとそれだけで美しいと感じます。風になびいて流れるような、さらさらした髪は多くの女性の憧れです。当然、男性の目にも留まります。

髪はその人の生活スタイルをよく表します。生活が乱れている人の髪は、ガサガサしてツヤがなく髪に元気がありません。逆に、きちんとした生活を送っている人は、髪にもきちんと栄養が行き届き髪がいきいきしています。

また、髪をきちんと手入れしているかも表れます。毎日くしでほどいているのか、スタイリング剤でセットしているのかなど、その人の髪に対する手入れの行き届き方を表現します。

古来から髪が美人の象徴です。その髪を意識して手入れしているかどうか?美しく保っているかどうか?これは美人の定義と言えるでしょう。

3.言葉遣いが丁寧

言葉遣いには、その人の評価をあげる力があります。どんなに見た目がきれいでも、汚い言葉や荒い言葉を使っているのを見ると一気に冷めてしまうことはないでしょうか。

特に美人だなと思った人の言葉遣いが悪いと尚更残念になります。しかし、その逆も言えます。言葉遣いが丁寧で上品な人は、知的な大人の女性という印象を与え、その人の内側にあるやまとなでしこを感じさせます。

  • 敬語が正しく使えている
  • 年齢や性別に関わらず、すべての人に敬意をもって言葉を話している
  • 誰も見ていなくてもきれいな言葉を話している

このような人は、とても素敵ですし美人であると言えます。言葉はその人の考えや心の状態を表すので、どんな言葉遣いをしているかでその人の今の状態が分かります。

4.肌がきれい

肌の透明感やツヤは見る人を惹きつけます。きれいな肌は一日ではできあがりません。その人が毎日スキンケアからメイクまでとても気を使い、様々な細かな点まで気を配っているのでその状態を保てています。

  • その努力を払うことができていること
  • 美しくありたいという気持ち
  • 努力の結果で得た美しい肌

これらは美人の定義と言えるでしょう。女性の肌は一定ではありません。紫外線によるダメージもありますし、毎月の生理によって肌の状態も変わってきます。

そんなトラブルを見せずにコントロールしている姿は、同じ女性から見ても美しく尊敬に値します。

5.目がきれい

目のきれいさは、その人の活力や熱意を感じさせます。顔立ちや目が大きいこととは少し違う魅力があります。アイラインやアイメイクでも作ることのできない、その人の内面の強さを表現します。

目は顔全体の表情に大きな影響を与えるものなので、重要なパーツであるといえます。目の奥が笑っていないという表現があるように、目は語らずとも今の心の状態や感じていることを知らず知らずのうちに出してしまうものです。

この部分がプラスに働けば、顔全体の雰囲気を目で変えることができるのです。目のきれいな人は、その奥に明るくて生き生きした女性を思い浮かべることができます。当然、美人の定義に当てはまるのです。

6.姿勢がいい

姿勢がいいと体の筋肉の付き方が良くなり、体の歪みもなくなります。それで体全体のバランスが良くなりスタイルが良くなります。スタイルがいいと体のラインがきれいになりますし、太りにくい体になります。

そうなることによって、洋服がきれいに着れるようになるのです。洋服がきれいに着れるようになると洋服を着て外に出かけるのが楽しくなりますし、自分に自信がつきます。前向きな気持ちになれますし、明るい気分にもなれます。

姿勢がよくなることによって自分の外面だけでなく、内面も元気にゆがみのないものにしてくれるので美人になれるのです。

自分のことが好きになれますし、もっとこんなことをしてみたいと好奇心や積極性が出てきて自分を広げることができます。また、姿勢が良くなると前を見るようになるのでさらに明るい気持ちになれます。

姿勢を正すことで、このように様々な影響が出るのです。そのため、姿勢が良いことは美人であることに大きく影響しているのです。

7.客観的にファッションを考えることができる

どんなにきれいな人でも洋服のセンスが悪いと一気に減点になってしまいます。洋服のセンスは、その人の美的感覚に大きな影響を受けます。

美人は、あまり多くの色を使わずシンプルで上品な服装をしていることが多いです。明るい色を着ていたとしても上手く色味をコントロールしています。自分がどのように見えているのかを客観的に判断しているのです。

女性の大好きな流行のファッションと男性にモテるファッションの違いを理解できていて、TPOを考慮した服装ができる人は美人の定義に当てはまるでしょう。

外見が良いだけでは美人とは言えない

美人の定義を7つ紹介しました。あなたは何個当てはまりましたか?

  • 顔が整っている
  • 美しい髪
  • 品のある言葉遣い
  • 美肌
  • 人を魅了する瞳
  • 正しい姿勢
  • 第三者視点でファッションを考えれる

もちろん整った顔は美人の条件でしょう。しかし、それだけでは美人とは言えないのです。今回紹介した様々な要因が絡み合うことで、一人の魅力的な女性を作り上げるのです。

このことが分からないと、モテない理由は?美人なのにモテない女の特徴6つのような女性になってしまいますよ。

スポンサーリンク