人間はいくつになっても、どんな状況でも恋をしてしまうものです。それは既婚者でも言えること・・。例えお互い家庭を持っていたとしても、ふとしたきっかけで恋の炎は燃え上がるのです。

そこで今回は既婚者同士の恋愛が始まるきっかけと、既婚者同士の付き合い方のあるあるをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

既婚者同士の恋愛が始めるきっかけ3つ

どのようなきっかけで、既婚者同士の恋愛は始まるのか?代表的な3つの事例を紹介します。

1.会う機会が多くなった友達から発展

既婚者同士の恋愛で最も多いのが、友達同士からの発展です。そもそも家庭を持っているため、新しく出会ったよくわからない男性に恋心を持つことには、理性がブレーキをかけてくれます。しかし、お互いによく理解している相手だと、不倫への不安感が和らぐのでしょう。

ただ、友達同士がいきなり不倫関係になるわけではありません。じっくりと時間をかけて気持ちが盛り上がっていきます。何らかの事情で頻繁に会う機会が増えた時、徐々に不倫に足を踏み入れていくのです。

  • 結婚式の二次会の幹事同士の打ち合わせ
  • 同窓会の準備や打ち合わせ
  • 引っ越しや転職などで同じコミュニティーに属すことになった

普段は家庭のことで頭がいっぱいだったのに、気心の知れた友達と頻繁に会うことで、若いころの感情を思い出すのでしょう。

久しく忘れていたドキドキ感を味わえば、のめり込んでしまう女性がいるのも頷けます。しかも、相手は良く知る男性。不倫へのハードルが限りなく低くなってしまうのです。

2.職場の飲み会

これも代表的な既婚者同士の恋愛に発展するきっかけですね。職場の飲み会で感じの良い既婚男性からアプローチされて、そのまま勢いでというパターンです。

既婚男性が未婚女性を遊び相手として狙うことが多いですが、女性が本気になって自分の家庭を壊すリスクがあります。その分、既婚女性はお互いが協力して関係を隠そうとします。意外に不倫相手としてはターゲットになりやすいのです。

お互いの家族に一緒に会っているところを見られても、仕事の同僚で向こうも家庭があると説明すれば、それ以上疑われることもないでしょう。何故なら、不倫相手は未婚だというイメージが強く世間にあるからです。

このようなこともあり、職場の飲み会でダブル不倫に足を踏み入れる男女は後を絶たないのです。

3.片思いが脈ありだと気付いた

既婚者でも恋愛感情を抱くことは、それほど珍しいことではありません。しかし、家族にばれるリスクや片思いの相手に拒否されることを考えて、気持ちを押し殺す人が大多数です。そして何事もなく日常が過ぎていきます。

ただ、そんな片思いの相手が脈ありだと気付いたらどうでしょうか?自分の気持ちを押し殺したままでいられるでしょうか?当然、相手の既婚者も気持ちを押し殺しているはずです。その彼も脈ありだと気付けば・・。

このように、お互いの押し殺した気持ちを確認し合ったときに、一気に既婚者同士の恋愛になだれ込むのです。

既婚者同士の付き合い方あるある6つ

それでは次に、既婚者同士の恋愛に発展したカップルならではのあるあるを紹介します。

1.同じコミュニティー内では好き避け

一般的な好きだから避けてしまう好き避けとは違いますが、同じコミュニティー内で関係がばれないように敢えて関わらないようにする。これも一種の好き避けと言えるでしょう。

どちらかが未婚の場合だと、相手のパートナーに嫉妬したり、喧嘩中に困らせようとギリギリのコミュニケーションをとるケースがあります。された方は、周りの人間にばれないかヒヤヒヤものです。

ただ、お互いが既婚者だと、このような行動は絶対にしません。どんなに感情的になっても、受け入れられるリスクではありませんからね。そのため、同じコミュニティー内にいるときは、徹底して好き避けするのです。

2.食事はランチ

普通のカップルなら、食事と言えばディナーが一般的ですよね。しかし、お互い家庭がある既婚者同士の食事はランチが一般的です。理由は簡単。もし、一緒に食事をしていることがばれても言い訳しやすいからです。

「仕事の打ち合わせだよ」「相談に乗っていただけだよ。夜会うわけにもいかないし・・」と言えば、それ以上突っ込みようがありませんからね。

それにお互い自由なお金が少ない場合にも、ディナーよりランチの方が都合がいいのです。家庭を持つと一回のデートでも痛手になりますからね。また、家庭があると夕方から自由に出歩けないことが殆どです。

このような理由もあり、食事はもっぱらランチというのも既婚者同士の恋愛あるあるです。

3.LINEやメールで会いたいは禁止

恋愛の楽しみの一つに、文面での気持ちのやり取りがあります。LINEやメールで「最近全然会えてないね。早く会いたいよ・・」などと、気持ちを伝えあって盛り上がるのが一般的です。

ただ、既婚者同士の恋愛では、そのような文面を残すこと自体がリスクになります。パートナーにスマホを見せることがないから大丈夫だと思っていても、LINEを受信した際の画面を偶然見られて怪しまれることは十分に考えられます。

そのため、既婚者同士の付き合いには、LINEやメールなどの証拠が残りやすいやり取りは極力しないことがマナーです。多くのケースでは、家庭にいない時間に電話でやり取りしていることでしょう。

4.不倫はしない!プラトニックな恋愛ごっこ

お互い既婚者同士の恋愛ならではの特殊な付き合い方があります。それはお互いに想いあっていても、体の関係がないプラトニックな付き合い方です。

満たされるのは性欲ではなく心のみ。ドキドキやキュンキュンをお互いに味わうだけ。このようなプラトニックな恋愛ごっこを楽しんでいるカップルもいるのです。

デートはしても不倫はしないため、そもそもバレるリスクがありません。一緒にいる現場を押さえられても、それ以上の証拠はありませんからね。

家庭を壊したくないけど、ドキドキしたい!そんないいとこどりの付き合い方を楽しむのも、既婚者同士の恋愛あるあるです。

5.キス・セックス・デートのすべてが困難だから燃える

パートナーとキスしたり、セックスしたり、デートしたり・・。そんな当たり前のことを、なかなかできないのが既婚者同士のカップルです。だからこそ、それが叶ったときの喜びや興奮は、普通の恋愛とは比べ物にならないのです。

簡単に肌を触れ合うことができない・・。そんな困難な障壁があるからこそ、恋愛にのめり込むことができるのでしょう。会う前日には、ドキドキして夜も眠れない・・。これも既婚者同士の付き合い方のあるあるです。

6.本気で惹かれ合うことはない

いくら恋愛が盛り上がっても、お互いに家族を捨てる気は全くない・・。これも既婚者同士の恋愛あるあるです。ドキドキしたり、キュンキュンして心が満たさる。時には、性欲を思う存分発散することもあるでしょう。しかし、結局はそれだけのこと。

どちらも恋愛を思う存分楽しむけども、本気で惹かれ合うことがないのは、片方が未婚の場合にはない都合の良い恋愛と言えるでしょう。

家族を裏切ると大きなしっぺ返しが待っているかも・・

結婚後にパートナー以外の異性に惹かれてしまうこともあるでしょう。ただ、そこで自制心が働くかどうかが分かれ道です。たしかにひと時の禁断の恋愛は燃えるでしょう。しかし、その後に大きなしっぺ返しが待っていることを忘れないでください。

興味がある方は、必ず地獄が待っている!不倫することによる因果応報8つ5人の主婦が経験したパート先での不倫体験談も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

浮気や不倫で悩んでいるなら

「パートナーが浮気してるかも?」「既婚者との泥沼不倫が苦しい・・」「旦那に不倫された・・」誰にも相談できずに悩んでいるなら、客観的な第三者のアドバイスを聞いてみませんか?

モヤモヤして眠れないのなら、今すぐレビューを確認しよう!