働かずに優雅に暮らしているように思われる専業主婦は、羨ましいと言われることが多いでしょう。しかし、専業主婦にだって悩みはあります。では世の中からは勝ち組のように思われている専業主婦の悩みとは、どのようなものなのでしょうか?

今回はそんな専業主婦の悩みあるあるを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.社会との繋がりがない

専業主婦の仕事は家のことをすることです。朝起きて、旦那と子どもの朝ご飯とお弁当を作ることからスタート。送り出したら、掃除に洗濯に買い物。少しだけゆっくりしたら、子どもが帰ってきます。おやつや夕食を用意したら、もうすっかり夜です。こうして、1日が終わってしまいます。

家族のために、毎日家事や育児をするのは立派な仕事です。守るべきものがあるのも、無理に働かなくていいのも幸せなことです。周囲からは羨ましい奥様に映るでしょう。しかし、毎日家とスーパーの往復で家族のためだけに動いていると、ふと社会から取り残されているような感覚になるのです。

社会との繋がりがなく、自分が世の中に置いていかれているような気がして悲しくなってしまうことがあるのは、専業主婦のあるあるです。

2.子育てに追われる

兼業主婦で仕事をしている人には、仕事があります。家事や子育てに追われるというよりは、仕事に追われる毎日です。

仕事で離れている時間があると、子どもに優しくできたりもするものです。しかし、専業主婦は、ずっと子どもと向き合わなくてはいけません。特に幼稚園前の未就学児の子であれば、1日相手をするわけです。

もちろん母として幸せなことで、兼業主婦からしたら羨ましいことかもしれません。しかし、ずっと子どもと一緒にいることで、逆に子育てに追われているような感覚になります。

寝ても起きても子育て。まったく自分の時間がありません。兼業主婦のように、子供から離れて違うことを行う時間が殆どありません。

このような毎日を窮屈に感じ、子育てに追われて疲れてしまうのも専業主婦の悩みです。そしてそれをなかなか理解してもらえないのも辛いところなのです。

3.自由に遣えるお金が少ない

専業主婦をしているということは、旦那の収入だけでも家計が成り立つということでしょう。これは働かなくてはいけない家庭にとっては羨ましい話で、まさに勝ち組ともいえます。

しかし、家計が成り立つからといって、誰もが裕福で余裕があるわけではありません。ぎりぎりの中でやりくりしているという人も多いのです。

本当は欲しいものだってたくさんあるはず。美容院に行ったり、オシャレなランチに行ったりもしたいはずです。しかし、なかなか自由に遣えるお金がありません。

働いているほうが、自分のお金をある程度自由にできたりします。そんな兼業主婦を見て、働いている人はいいなと感じるのです。

4.仕事のようなやりがいがない

働いている主婦は大変です。家のことをやった上で、仕事もこなすわけです。しかし、責任ややりがいもあります。

  • 自分にしかできない仕事
  • 自分に任された仕事
  • 必要としてくれる人がいる
  • 達成感を感じることができる
  • 目標ができる

これは働く主婦にしか、味わうことができません。専業主婦は怒られることはありません。拘束されることもありません。しかし、やりがいや達成感を感じるということは少ないのです。いくら頑張っても、やって当たり前だと思われがちですからね・・。

5.毎日が同じで退屈

専業主婦をしていると、毎日が同じことの繰り返しのように感じることがあります。平凡で穏やかな毎日であるあまりに、退屈に思えてしまうのでしょう。

仕事をしていると、日々いろんな人と会話をし、新しい出会いもあります。新しく勉強すること、覚えることもあるでしょう。一方で専業主婦は毎日色んな人と会話をする機会は少なく、新しい出会いも学びもあまりありません。

それが毎日同じことの繰り返しに感じてしまい、刺激のない毎日を退屈に感じさせてしまうのです。このまま専業主婦として過ごして良いのか?このまま年齢を重ねてしまって良いのか?そんな疑問を感じてしまうのも、あるあるです。

6.女子力が低下する

毎日目的を持って出掛ける兼業主婦は、ある程度のお洒落や美意識を保ちます。女性は働いていて、人に見られることで女子力を保ち高めることができるのです。

また自分のお金や時間も多少あるので、自分のメンテナンスやお洒落も楽しめます。美容院に行ったり、洋服を買ったり、化粧品を揃えるのは女子力には大切なことです。

一方で専業主婦は、1日家や近所にいることが多いので、あまりお洒落をしなくても済みます。余程高い意識を持っていなければ、少しずつ美意識も薄れていってしまうでしょう。自分のために遣えるお金も少ないために、メンテナンスやお洒落にもお金をかけなくなってしまうのです。

ある日ふと鏡をみて「あれ?なんか私老けた・・」「おばさんになったな」と感じてしまうのです。そして同じ年齢でも生き生きと働いている主婦を見て落ち込んでしまうのです。

7.ママ友付き合いが面倒

専業主婦には時間があるように思われます。働いている人であれば、朝からバタバタと忙しくしてそのまま働きに出てしまうので、ママ友付き合いをする暇もないでしょう。

しかし、専業主婦は忙しい朝が終わると時間に余裕ができます。子どもを送り出した後に集合して、ママ友会なんてものが頻繁に行われるコミュニティーもあるのです。

このママ友会が楽しくてストレス発散になる人もいますが、反対に負担に感じてストレスになる人もいます。わざわざ主婦達で集まって愚痴や文句を言うような会が苦手で面倒だと感じてしまうのでしょう。

しかし、専業主婦であるために断る理由もなく、いつも渋々参加。それが憂鬱で悩みになってしまうのです。

8.なんか旦那に見下される

専業主婦は立派な仕事です。家族のために毎日休みなく働いているのが専業主婦です。しかし、時間は自由。そして収入はありません。誰かに怒られることも失敗することもありません。

そんな専業主婦を旦那は「楽でいいな」という見方をすることもあります。もちろん、直接この言葉は言わないかもしれませんが、どこかでそう思っていることが態度に出ているのです。

  • 稼いでいるのは俺
  • がんばって働いているのは俺
  • 君が働かなくていいのは俺が働いているから

なんとなくそう思われて旦那に見下されているように感じ、それが嫌で仕方ないのです。そしてそれになんの反論もできないのも、専業主婦のストレスになる悩みの一つなのです。

9.気楽だと周囲に思われる

久しぶりに友達と集まると、最近の近況報告をしますよね。「今何しているの?」そう友達に聞かれて、「今は専業主婦だよ」と答えます。すると言われるのが「わー専業主婦なんて気楽でいいなぁ」という言葉。

もちろん、友達には悪気はありません。羨ましいという気持ちで言っているのでしょう。しかし、言われた本人には嫌な言葉に聞こえます。誰に褒められるわけでもなく、休まずに一生懸命やっています。気楽にしているわけではありません。ただ、それを分かってもらうことは困難です。

10.家事育児を完璧にしなければならない

兼業主婦であれば、少しくらい部屋が汚くても、料理が手抜きでも、働いているからという理由で許されます。むしろ働いているのに家事と両立していて凄いねと褒められるでしょう。しかし、専業主婦は違います。

家のことをするのが仕事です。たまには手を抜きたいと思うことがあっても、それが許されることはありません。

専業主婦なんだから、部屋はいつでも綺麗で当たり前。凝った料理を作るのが当たり前。上手く家計をやりくりするのが当然でしょ!子育てだってしっかりしなくちゃ!感謝されることはなく、褒められることもなく、完璧にするのが当たり前・・。

このようなことが、専業主婦には負担になり悩みになるのです。専業主婦だってやって当たり前ではなく、時には休んだり感謝されたりしたいものなのです。

それぞれ悩みはあるもの

専業主婦にも兼業主婦にも、それぞれ悩みはあります。お互いから見れば羨ましいことでも、本人には悩みであることも多いのです。しかし、それは隣の芝生は青いということなのでしょう。無い物ねだりのようなもの。悩みを増やすより、楽しいことを見つけて専業主婦を満喫できると良いですね。

興味がある方は、専業主婦が羨ましいと思う10のポイントママ友とのランチ会の上手な断り方8選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク