彼氏が年上のカップルや、逆に彼女の方が上のパターンなどなど・・カップルのかたちは様々です。そして年齢によって、恋愛にも特色があるものです。同い年カップルの場合、その恋愛にはどんな特徴があるのでしょうか?

また、同い年カップルの恋を長続きさせるためには、一体どうすればよいのでしょうか。今回は同い年カップルの恋愛の特徴と、長続きさせる秘訣を紹介します。

スポンサーリンク

同い年カップルの恋愛の特徴5つ

感覚や境遇も近い同い年のカップル。2人の恋愛はどのようなものなのでしょうか?その特徴を見ていきましょう。

1.対等な関係でいられる

同い年カップルのメリットは、なんと言っても対等な関係でいられること。どちらのほうが上とか下とかなく、言いたいことが言い合える。あまり気を使わないで済む、楽さや居心地の良さがあります。

また、同い年ということで、お互い置かれている境遇も近いです。学生同士だったり、お互いに社会人になりたてだったり。人生のステージが同じなので、悩みを相談し合ったり励まし合ったり、同じ歩幅で成長していけるんですね。

デートも大体割り勘だったり、「ボーナスが出たから私がおごるね!」なんて、お互い奢り合うのもよくあることです。そういう金銭的な対等さも、居心地の良さに繋がるようです。

2.彼女の方が精神年齢が高い

同い年とは言えど、精神年齢まで同じとは限りません。特に女は男よりも精神年齢が高くなりがちです。学生の時も、「男子ってなんだか子供だなぁ」と思ってしまう女性も多かったかと思います。

そしてその傾向は、大人になっても続きます。同い年のはずなのに、なぜか彼氏が子供っぽく見える・・。そう感じている同い年カップルも多いのです。

なんだかんだ言って、男はいくつになっても子供です。一方で、女性は生まれながらにして母性本能を持っているもの。少し幼くてやんちゃな彼氏に対して、「しょうがないなぁ」と温かい目で見てあげられる・・。こんな同い年カップルはうまくいきやすいです。

3.結婚までスムーズにいかないことが多い

趣味や感覚が近い同い年カップル。恋愛には発展しやすいようです。では、結婚も順調にいきやすいかと言えば、それはまた別の話。むしろ、「なかなかスムーズに結婚の話が進まない!」というカップルも多いです。

女性は男性よりも精神年齢が高い上に、出産適齢期が存在します。ですので、社会に出た段階で、「○歳までに結婚して、○歳までに子供を産みたいなぁ」という理想を自然と描き始めます。

一方で、社会に出たての男性は、まだ精神的に落ち着いていません。「仕事が大変だから、結婚なんてまだ考えられない。それにまだ遊んでいたい!」と考えがちなんですね。

同い年だからこそ、「結婚して落ち着きたい彼女と、まだ仕事を頑張ったり遊んでいたい彼氏」という心理的なギャップが出てきてしまうのです。

4.友達を巻き込んでわいわい付き合う

同い年のカップルだと、当然お互いの友達も同い年のことが多いですよね。同い年なら、あまり気を遣わず気楽に付き合えます。ですので、お互いの友達を交えて遊んだり、一緒に飲んだりすることも多いです。

また同い年カップルは、もともと学校の同級生だったり、会社の同期だったなんてパターンも多いですよね。その結果、自然と共通の友達も多くなって、みんなで会う機会も増えるのです。

同い年カップルはお互いの友達ぐるみの付き合いが多い。単純なことのようですが、そのおかげで同い年カップルは風通しのいい付き合いができるのです。

2人きりで何もかも完結することなく、時には仲間みんなで会って絆を深めていける。その結果、同い年カップルの結びつきはさらに強くなるんですね。

5.価値観や感覚が近い

歳の差カップルだと、何かしらジェネレーションギャップがあるものです。違う時代を生きてきたのだから、たまに話が合わなかったり、感覚の違いを突きつけられたり・・。そんな時、少し相手に冷めてしまう男女もいるようです。

一方で、同い年のカップルなら、そんなギャップに苦しむことはありません。元々同じ世代なので、価値観や感覚も近いのです。趣味も話も合うので、絆も深まりやすいんですね。

彼氏と長続きさせる秘訣4つ

同い年だからこそ仲良しだし、時にぶつかる時もある・・。そんな2人の関係を長続きするためには、どうしたらいいのでしょうか?その秘訣を紹介します。

1.プライドは高いけど精神年齢は低い!そんな男心を熟知する

同い年カップルだと、「対等な立場でいたい!」と考える女性も多いようです。だけど、何もかも対等でいようとすると、恋愛はあまりうまくいきません。

なぜなら、男性は誰でも心のどこかに「彼女よりも上でいたい」というプライドを持っているから。その一方で、実は精神年齢は彼女より幼かったりする・・。男心はなんとも複雑なんですね。

大切なのは、男のプライドを熟知して男を立てること。それと同時に、多少彼氏が幼く感じても、温かく見守る心を持つこと。そうすれば、彼氏にとって居心地のいい彼女でいられるはずです。

2.2人で目標を持つ

平等な立場にいる同い年カップル。2人で同じ目線で歩んでいけることが大きなメリットです。だけど同時に、お互いの気持ちに余裕がないと、2人の未来がわからなくなる・・なんてケースも多いです。

例えば、2人とも社会人になりたてで、仕事に余裕が持てない。あまり会う時間もなくて、気持ちがわからなくなる・・。そして破局するカップルも少なくありません。

お互いに大変な時も2人で歩んでいくためには、何かしら共通の目標が必要です。「仕事が落ち着いたら結婚しよう」なんて目標はぴったりですね。

だけど、そんな大きなものでなくても、「お休みになったら旅行しようね!」なんて小さなものでもいいのです。未来に2人で目標が持てれば、毎日を頑張るやる気にも繋がります。

3.「親しき仲にも礼儀あり」を徹底する

同い年カップルだと、お互いにあまり気を遣わないのがメリットでもあります。だけど、それが行きすぎて関係が”なあなあ”になるのは危険です。いつまでも仲良しでいるためには、「親しき仲にも礼儀あり」の精神が大切なのです。

気楽な同い年カップルだからこそ、お互いに甘えすぎない。思いやりをもって、時には礼儀を通す。そうすることで、ほどよい距離感が保てます。そしてほどよい距離感は、恋を長続きさせます。

「最近彼氏に甘えすぎているなぁ」「関係がグダグダになってきているかも」そういう自覚がある方はぜひ、「親しき仲にも礼儀あり」を心がけてみましょう。

4.仕事に理解を示す

仕事が忙しいと、お互いに余裕がなくなって喧嘩になりやすいです。特に同い年カップルの場合、2人とも新人同士など、職場での境遇が近いです。2人とも仕事が忙しくてすれ違いがちになり破局する・・。よくあるパターンです。

社会人なら、彼氏も「今は仕事に集中したい」という時期もあるはずです。そんな時に「なんで最近会ってくれないのよ!」なんて責めてしまうと、一気に仲が険悪になってしまいます。

彼氏が仕事に忙しい時も、決して責めることなく、「今は大変な時期だから、声をかけないほうがいいな」と気遣ってあげる。彼氏の仕事を理解することと思いやりの気持ちが重要です。

お互いを支え合うのが長続きの秘訣

対等でいられることが魅力の同い年カップル。お互いにしっかり向き合って支え合うことができれば、さらに絆が深まって関係が長続きするはずですよ。

興味がある方は、彼氏を癒したい女性必見!男性の癒し方10選彼氏が彼女を幸せにしたいと思う心理とシチュエーション9つも併せてご覧ください。

スポンサーリンク