彼氏ができたのに元彼と比べてしまって不満を感じてしまう・・。女性なら一度はこんな経験ありますよね?もちろん、頭では比べてはいけないと分かっているのですが、どうにもならなくて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

そこで今回は元彼と比べてしまうと陥る罠と癖の直し方を紹介します。

スポンサーリンク

元彼と比べてしまうと陥る罠

彼氏を元彼と比べてしまうと、どんなデメリットがあるのでしょうか?早速紹介していきます。

1.過去最高の男性にしか満足できない

彼氏と元彼を比べてしまうと、過去最高の男性にしか満足できなくなってしまいます。比べてしまうのは、比較したいからです。もちろん、物事を判断するには、比較するのが手っ取り早く悪いことではありません。しかし、問題はその比較対象。

元彼の中でランダムに選ぶのならばいいですが、比較対象は過去最高の男性です。現在の彼氏はそれに勝たなくてはいけません。その結果、相当な相手ではない限り満足できなくなってしまいます。

2.元彼を美化して今彼がつまらない男に

元彼と比べてしまうのは、まだ元彼に未練があるのでしょう。すると、元彼のいいところを思い出しては、どんどん美化してしまうことも・・。

ただでさえ未練があるのに美化されてしまえば、現在の彼氏は勝てるはずがありません。これも元彼と比べてしまうと陥る罠です。

3.今彼への不満が増えやすい

元彼と比べてしまう際に、「こんな時、元彼ならこうしてくれた・・」なんてことは多いですよね。しかし、それはわざわざ比べるようなことでしょうか?

もちろん、誰だって理想はあるので、「できればこうして欲しい」ことがあるのは仕方がありません。しかし、それを比べてしまうと現在の彼氏への不満が増えてしまうだけです。

先ほど紹介したように、元彼はどんどん美化されてしまって、現在の彼氏に対してどんどん不満が溜まってしまう・・。これでは現在の彼氏に納得できるはずがありませんね。

4.婚期が遅れる

元彼と比べてしまうと、婚期は確実に遅れます。例え今の彼に満足していても、比べてしまうということは、心のどこかで納得がいっていない証拠です。

そのため、元彼とよりを戻したいと思わないまでも本音では、「元彼と同じぐらい素敵な人」を望んでしまうのです。しかし、そんな理想的な人は、そう簡単に現れるものではありません。

その結果、彼氏がいても結婚には二の足を踏んでしまい、中々結婚には至らないなんてことも・・。もっとも、紹介してきたように、自らハードルを上げてしまうのですから仕方がありませんね。

スポンサーリンク