プレッシャーとは威圧感や重圧感を感じることを言います。社会で働くということは、少なからずプレッシャーを抱えることになるでしょう。そしてプレッシャーを抱えるとストレスや疲労がたまり、だんだん仕事することが辛くなってしまうのです。

では、どうしたらプレッシャーを克服することができるのか?どうしたらストレスに打ち勝つことができるのか?今回はその方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.自分に自信を持つ

プレッシャーを感じてしまうのは、自分に自信がないからです。

  • こんな自分で大丈夫なのか
  • 私なんかがやったら失敗しないか
  • きっと上手くいかない

そんな自信のなさが重圧となり、それが大きなストレスとなってしまいます。

プレッシャーを少しでも軽くするために、まずは自分に自信をつけることから始めてみましょう。自信がつけば余計な心配はしなくなるでしょう。プレッシャーを感じることなく行動できるようになるはずです。

では、どうすれば自分に自信がつくのか?それは自分が胸を張れるくらいの努力をすることです。努力をしたという経緯が自分の自信につながるのです。事前に一生懸命練習したり、学んだことが自信につながるのです。

このようなことをしていないから、自信が持てずにプレッシャーを感じてしまうのです。

2.他人を意識しすぎない

会社で昇進に関わるプレゼンがあったとします。このプレゼンに合格して認められたいと思うのは当然でしょう。当然、プレッシャーもあるはずです。

しかし、このプレゼンに対してプレッシャーを感じるのは、自分が合格したいからではありません。プレッシャーは他人の期待や希望を背負っているからこそ、感じてしまうものなのです。

  • 上司の期待や希望
  • 先輩からの圧力
  • 恋人の応援
  • 同僚へのプライド

このような他人の目を意識しすぎるからこそ、一つのプレゼンが大きなプレッシャーになるのです。

自分は自分です。自分の人生です。悔しいことも悲しいことも、自分が感じれば良いのです。自分が行うことに、他人の評価を気にしすぎてはいけません。

スポンサーリンク