「学歴コンプレックスを抱いているけれど、今更どうにもできない・・。だけど、どうしても気になってしまう。」なかなか辛い悩みですよね。

一流の大学に入学できるのは限られた人たちだけなので、仕方がないのかもしれません。だけど、そのコンプレックスが解消できないと、いつまでも苦しい思いをすることになります。

今回はそんな苦しみを抱えている人のために、学歴コンプレックスを克服する方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.被害妄想を捨てる

人の価値は学歴では決められません。それなのにコンプレックスを抱いてしまうということは、どこか他人に対して被害妄想を感じているのかも。

つまり、「周りの人に低学歴って思われてないかな?」「頭悪いって思われてるかも・・」という気持ちがどこかにあるからこそ、コンプレックスに繋がっている可能性があります。

コンプレックスとは、他人と関わるからこそ生まれる感情です。自分が周りと比べて劣っていると感じたり、人からどう思われているのか気にしたり・・。その結果、劣等感につながるのです。

学歴コンプレックスを解消するためには、他人と自分を比べたり、被害妄想を捨てることが不可欠です。

残酷な話ですが、中には他人に対して「あの人は低学歴だな」「今時高卒なんて珍しいな」などと思う人もいます。だけど、ほとんどの人が普段は学歴のことなんて気にしていません。「別に周りの人はなんとも思っていない」と割り切ることも大切です。

2.今ある幸せに感謝する

何かをコンプレックスに感じてしまう・・。それはつまり、「私にはこれが足りない!」と、自分のマイナスにばかり目がいってしまっている証拠です。

学歴以外でも、誰しもコンプレックスは感じているものです。人によっては、「もっと可愛く生まれたかった」「家が貧乏なのが嫌」など、いろいろな劣等感を抱えています。

だけど、そんなマイナスにばかり目を向けているとキリがありません。どうしても学歴ばかり気にしてしまう時は、プラスの面に目を向けるように考え方をシフトしましょう。具体的には、今感謝できることをリストアップしてみることです。

たとえ学歴コンプレックスがあっても、「愛情をかけて育ててくれた親には感謝できる」「ちゃんと就職できてよかった」など、中にはいいこともあるはずです。そんなプラスの面に目を向けることで、自然とコンプレックスも薄れてくるはずです。

3.仕事でキャリアアップを目指す

たとえ学歴コンプレックスを抱えていても、過去を変えることは不可能です。それならば、今この瞬間や未来に目を向けるしかありません。具体的には、仕事でキャリアアップすることでコンプレックスを克服してみてはいかがでしょうか?

たとえ難関大学を出ていたとしても、「東大出たけど今はニート」なんて人は、学歴を誇ることなんてできませんよね。逆に「高卒だけど、会社を起こして社長になった」なんて言う人は尊敬を集めます。

スポンサーリンク