突然ですが、あなたは自分に自信がありますか?世の中には自己評価が低い人と高い人がいます。自分はどうなんだろうと気になることはありませんか?

今回は自己評価が低い人と高い人の特徴を紹介します。周りからどう思われているのか気になる方は、今すぐチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

自己評価の低い人の特徴5つ

世の中には「私は自分に自信がある!」なんて言い切れる人は、なかなか少ないものです。まずは自己評価が低い人の特徴を見ていきましょう。

1.自己顕示欲が強い

いつも自分の話ばかりしていたり、何かと「私が」「私が」と自己主張してくる・・。これは一見、自分が大好きで自己評価の高い人に見えますよね。だけど本当は、自分に自信がないからこそ、自意識過剰になってしまうのです。

本当に自信がある人なら、わざわざそれを口に出さずに落ち着いた態度でいられます。だけど自己評価が低い人は常に不安なので、人に褒めてもらいたくて仕方がないのです。

また、他人に認めてもらいたいという気持ちがとても強いです。その結果、他人の気持ちも考えずに自己主張してしまうんですね。

2.嫉妬深い

自己評価が低い人は、他人のことを素直に認めることができません。可愛い女性がいれば、「男に媚びてムカつく」と嫉妬し、仕事で成功している女性を見れば、「あんなのまぐれだよ」と貶めようとする。これはすべて、自分に自信がないからこそ出る言葉です。

「私にはいいところがない」と悲観的だからこそ、周りの人に対して「あの人はなんでも持っていてずるい!」と妬んでしまうのです。一方で、自己評価が高い人は気持ちに余裕があるため、他の人のいいところは素直に認めることができます。

人と自分を比べて嫉妬ばかりしていては、いつまでも幸せになることはできません。他人と自分を比較する癖は、早めに改善した方がよさそうですね。

3.いつも恋愛がうまくいかない

自己評価が低いと恋愛にも悪影響が及びます。「私なんて・・」とうじうじしている人は、一緒にいるだけで気分が落ちてしまいますよね。そのため、なかなか彼氏ができづらいです。

また、自分に自信がなくてうつむいてばかりだと、それだけで女性としての魅力が半減してしまいます。いざ彼氏ができても、自己評価が低い人は疑い深くなります。彼氏に対して「私のことなんて実は好きじゃないのかも」「すぐ捨てられちゃうかも」と常に不安なのです。

その他にも、自分に自信がない人は嫉妬深いことが多いです。ですので、彼氏との関係が安定せず、なかなかいい恋愛ができません。

4.常に何かに依存している

自分に自信がない人は、いつも人生に物足りなさを感じていています。また、心の中に寂しさを抱いているものです。「自分のことが嫌いだし、毎日心から楽しいと思えることがない」という女性は、何かに依存してしまうことが多いです。

スポンサーリンク