デートするにも、年上の男性と年下の男性では当然違いがあります。しかし、そこにはどんな違いがあるのか理解している女性は少ないです。そこで今回は年上彼氏・年下男子とデートする際の注意点を紹介します。

スポンサーリンク

年上彼氏とデートする際の注意点6つ

まずは年上彼氏とデートする際の注意点は何なのか紹介します。

1.大人ぶらない

年上彼氏とデートする時は、なるべく大人ぶらない方がいいでしょう。年上彼氏が落ち着いた雰囲気だと、ついつい自分も大人っぽくしなきゃと気負ってしまいます。しかし、男性はそんなこと求めていません。

そもそも、男性の多くが年下の女性が好きです。そのため、変に大人ぶってしまうと、「年下なのに可愛げがない」なんて思われてしまいます。それでは、せっかく頑張っても大人の魅力を出せないどころか、年下の魅力までなくしてしまうのです。

一方、大人ぶらないことで、年下の魅力を存分に発揮できます。非常識はいけませんが、無知だとむしろ、「教えてあげたくなる」「守ってあげたくなる」と思ってもらえるのです。

2.礼儀正しく

年上彼氏とデートする時は礼儀に注意しましょう。もちろん、年齢に関係なく礼儀は大切ですが、年上彼氏の場合はより気を付けないといけません。ただ、別に硬くなる必要はありません。常識的なマナーができるかどうか?そこを見られているだけです。

  • 何かされた時はお礼がきちんとできる
  • 汚い言葉を使わない
  • 場所に合った振る舞い

こんな簡単なことができない女性は意外と多いです。そのため、そこがきちんとできるかどうかは重要なポイントになります。間違っても、「年上なんだからご馳走してくれても当たり前」「車で送ってくれるのが当たり前」なんて思ってはいけませんよ。

3.女性らしい振る舞いをする

礼儀と同様に女性らしい振る舞いができるかどうかも、年上彼氏はチェックしています。中にはちょっと考えが古いものもあるかもしれませんが、特にこだわりのある部分でなければ合わせるのが無難です。

  • 男性を立てる
  • 料理を取り分ける
  • 細かい気配りができる

このようなことができることによって、「年下なのに気が利くな」「この子なら、これからも上手くやっていけそうだ」なんて思ってもらえます。年上彼氏が頼りになるからといって、女性ならではのきめ細やかさをなくしてはいけませんよ。

4.デートの場所は任せる

年上彼氏とデートするなら、場所は任せましょう。時には、自分の行きたいところへ連れて行くのもいいですが、場所によっては年上彼氏にとってハードルが高いかもしれません。若い学生の女子ばかりが集まるところに、社会人の男性が行くのは苦痛ですからね。

スポンサーリンク