「好きだけど、別れないといけない・・」そんな悲しい恋愛、経験したことはありますか?お互いに一緒にいたいのに、離れないといけないなんて切ないですよね。

まだ、お互い気持ちがあるのに別れるのには、一体どんな理由があり、どのような心理が働いているのでしょうか?早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.遠距離に負けた

適度な距離感は、愛を育てると言います。だけどあまりにも遠かったり、会えなかったりすると、別れに発展するカップルも多いです。好きだからこそ、長い間会えないと寂しくて辛い・・。その辛さに耐えられず、好きだけど別れる・・よくあることです。

また、お互いに結婚適齢期だと、「遠距離のままで、関係を深められるかな?」と不安になるものです。好きではあるけれど、お互い「結婚して一緒に住もう!」と言う勇気もないし、それぞれの仕事や生活も大切にしたい・・。こんな現実的な事情で、距離に負けるカップルも多いのです。

2.好きだけど結婚したいと思えない

恋愛と結婚は違うものです。たまにデートする恋人と違って、結婚相手とは「死ぬまで生涯をともにする」という覚悟が必要です。そして赤の他人と同じ屋根の下で暮らしていくのは、思ったよりも大変なことです。

結婚に関して男性は、女性に対するジャッジが厳しくなりがちです。「家事はできるか?」「子供が産めるほど若いか?」「性格は優しいか?」「共働きしてくれそうか?」などなど・・。

中には、本当に生涯養っていく価値のある女性なのか、損得勘定で見てしまう男性もいます。その結果、「恋人として付き合うのはいいけれど、結婚して養いたいと思えるほど好きじゃない」と考えてしまうこともあるんですね。

特に男性は結婚に関して負担が重くなりがちです。彼女が恋人向きか結婚向きか、案外シビアにジャッジしているのです。

3.価値観が合わない

いくら好きでも、基本的な価値観が合わないと付き合うのは難しいものです。価値観とは具体的に下記のようなものがあります。

  • 金銭感覚
  • 衛生観念
  • 結婚観
  • 将来設計

例えば、性格もよくて顔もかっこいいのに、浪費家で貯金もロクにない・・。こんな男性だと、「いい人だけど、ずっと付き合うのは無理かな」なんて考えてしまいますよね。

また、イケメンなのに衛生観念がなくて、部屋が汚すぎてどん引きする・・。そんなケースも珍しくありません。

4.相手の家族に問題あり

結婚適齢期になると、だんだん相手との将来を考え始めるものです。一度、彼氏のご両親にご挨拶に行ってみたら、とても意地悪そうな人たちだった。また、彼の実家に小姑が居座っていたり、よくよく聞いてみれば身内に犯罪歴があったり・・。

スポンサーリンク