突然ですが、あなたは濃い顔ですか?それとも薄い顔?当然ながら人の顔はみな違いますが、悩みは共通していたりします。「顔が濃すぎて嫌だ」と悩む女性もいれば、「もっと目鼻立ちがハッキリしてたらよかったのに・・」と願う女性も多いはず。

そこで今回は濃い顔と薄い顔の女性の、それぞれの魅力を紹介します。ぜひ、ご自身の顔と照らし合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

濃い顔の女の魅力4つ

濃い顔の女性の魅力とはどんなものなのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

1.日本人離れした美しさ

日本人は基本的に、薄い顔の人が多いです。いわゆる弥生系のルーツを引き継いでいるんですね。その中で濃い顔をした女性は、なかなか目立ちます。

中には子供の頃「顔が濃い!」とからかわれた人もいるかもしれません。周りから浮いてしまうくらいに、日本人離れした魅力を持っているということなのです。

一般的な美の基準というのは、基本的に典型的な欧米人の特徴をなぞったものです。例えば、目がぱっちり二重だったり、鼻が高かったり、顎がほどよく出ていたり・・。これは濃い顔の人が持つ特徴と同じです。

つまり、濃い顔を持つ女性は、グローバルな基準の美を持っているのです。「顔濃いね」なんてからかわれるのは、まわりの人からの嫉妬なのかもしれませんね。

2.引き込まれそうな大きな目

濃い顔の女性の魅力は、なんと言っても大きくて引き込まれそうになる目です。目は顔の中で一番目につくパーツ。その女性が可愛いかどうかは、「目が大きいかどうか」で判断するという男性も少なくありません。

なぜ大きな目が魅力的なのか。やはり、目が大きい女性は自ずと可愛く見えるからです。芸能人やアイドルも、みんなぱっちり二重の女性ばかりですよね。そのくらい「大きな目=可愛い」という価値観は根強いのです。

「大きな目に見つめられると、可愛くてドキドキする」という男性も多いです。やはり、ぱっちりした目は最大のモテパーツだと言えそうです。

3.いるだけでその場が華やかになる

日本人の中では比較的珍しい、濃い顔の女性。やはり、いるだけでかなり目立ちます。そして、まわりを華やかにしてくれるという魅力があります。

顔が濃い女性は、なぜだか派手に見られがちです。そのせいで誤解をされた女性も少なくないかもしれません。だけどそれは、華やかな魅力を持っているということなのです。

日本人には似合わないような、ゴージャスなドレスを着こなせたり、まわりを圧倒するようなオーラがすごかったり・・。まわりを引きつける芸能人に近いタイプと言えるかもしれません。そんな女性は、その場にいるだけでまわりがぱっと華やぐのです。

4.モテ系ど真ん中の顔

濃い顔の女性は、モテる女性の特徴の多くを兼ね備えています。例えば、大きくて二重の目や高い鼻、ぽってりとした唇など・・。これらはすべて、一般的に美しいとされている基準そのままなのですね。ですので、モテるのも当然なのです。

スポンサーリンク