伝えたいことがあれば、電話やLINEで済ますことができるのに、わざわざ手紙を送る。こんな時代だからこそ、手紙には何とも言えない温かみを感じる方も多いと思います。

ただ、告白となると「もしかしたら、重い女だと思われないかな・・」なんて二の足を踏んでしまいますよね。片思いの相手に気持ち悪がられたら立ち直れません。でも、LINEや電話で済ますのも味気ないし、だからと言って面と向かって伝える勇気がない・・。

今回はそんなモヤモヤしている片思い中の女性のために、手紙での告白について解説していきます。男性の本音を知りたい方、ラブレターを送って失敗したくない方必見です。

スポンサーリンク

基本的にラブレターを貰えば嬉しい

大前提として、ラブレターを貰えば基本的には嬉しいです。何故なら、手紙で告白することは『手段』であって、『目的』ではないからです。分かりやすいように、告白という目的を達成するための手段を見てみましょう。

  • 電話
  • LINE
  • 面と向かって

ラブレターはこれらの手段の内の一つにすぎません。本来の目的は告白ですよね?男性にとっては、女性から好きだと言われれば嬉しくないわけありません。たとえお断りする相手だったとしてもです。

男性からしてみれば、面と向かって言われようが、LINEだろうが手紙だろうが手段について深く考える前に、告白されたというインパクトの方が大きいわけです。

どうして手紙という手段を選ぶのか?

告白という目的を達成するために、いくつかの手段を選ぶことになります。この記事を読んでいるということは、あなたは手紙での告白を考えているのでしょう。では、なぜラブレターを選んだのですか?

  • 緊張するから電話や面と向かっては言えない
  • LINEだと何だか軽い感じになってしまう
  • 手紙に温かみを感じるし、相手にも気持ちが伝わりやすい

理由は人それぞれですが、だいたいこんな感じではないでしょうか?たぶん、告白を成功させるために何度も考えた結果でしょう。自分や相手の性格を考慮したり、二人の関係性に最も適していると思ったのでしょう。

どの手段が正解なのかは、人それぞれ違います。だからこそ、あなたが何度も考えた手段はたぶん間違っていないと思います。問題なのは、同じ手段でも告白の成功率が変わる事実です。

どのように手段を実行するのか?

「手紙で告白して、ドン引きされないか心配・・」と悩んでも仕方がありません。何故なら、手段そのものが嫌悪感を与えることはないからです。重要なのは、『どのように手段を実行するのか?』です。分かりやすいように、面と向かって告白する例を上げてみましょう。

例えば、二人で遊んでいる最中に「実は・・」と告白したり、話があるからと呼び出して告白するのは一般的なことです。このような手段の実行は、相手に特別不快感を与えることはありません。

スポンサーリンク