ドイツといえばビールにソーセージ!ですよね。ドイツには数え切れないほどのソーセージの種類がありますが、その中でも国民みんなに愛されているのがカリーヴルストです。

普通の焼いたソーセージに、特製のケチャップとカレー粉がベースになっているソースと一緒に食べます。

ドイツ国内を歩いていて小腹が空いたら、インビス(Imbiss)というスタンドでカリーヴルストを食べるのがドイツ流です。

どんなに小さな街にも絶対にあるカリーヴルストのお店ですが、その中でも各街のおすすめのお店を紹介します!

Curry36 ベルリン

カリーヴルストランキングでも1位のこのお店は、30年以上もインビスとして人気を得ており、ベルリンが発祥とも言われているカリーヴルスト大好きベルリーナーの心を掴んで離さないそうです。

またベルリンは観光スポットとしても人気ですが、有名な観光名所に負けず劣らず人気なのだとか。

もちろんカリーヴルストだけでなく、ポメス(フライドポテト)も美味しいですし、カレー粉がちょっと、という人にはブラートヴルスト(Bratwurst)という焼いただけのソーセージもおすすめです。

住所:Mehringdamm 36  Berlin

Curry Queen Deli ハンブルク

カリーヴルストの発祥は、ベルリンなのかハンブルクなのかと言われているほど、北の港町、ハンブルクでもカリーヴルストは有名です。

ハンブルクにあるこの店は、他のカリーヴルストの店よりはるかに店内もオシャレで雰囲気も良く、超美味しい子牛のカリーヴルストが食べられると人気です。

また、このお店には、バイソンというアメリカ牛のソーセージや、なんと神戸牛のソーセージもあるようです。いやいや私はベジタリアンなのよ!という方にも安心、お豆腐のソーセージもあります。

カリーヴルストに使われるソースもお店のオリジナルのソースで、7種類のカレーパウダーを使っており、香りもものすごく良いのだとか。

辛さの種類も選ぶことができて、マイルドからメガホットまであるので、辛いもの好きの人は、是非メガホットにトライしてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

ヘッピンゲン

初めまして。ドイツ在住のヘッピンゲンです。ワーホリや学生を経て、日本人の主人と結婚して、これからもドイツ在住の予定です。これからドイツに来る方のお役に立てる情報を発信していきます。