片思い中の男性には誰かに片思いをしていると自然と現れてくる典型的な言動があります。そこで今回は片思い中の男性にありがちな、あるあるる言動をご紹介していきます。

 

話が空回りする

片思い中の相手とたくさん話すためや、相手の情報をを聞き出すためによく話します。また自分をアピールするためにもよく話します。

まだ片思い中のため相手を知れる機会や相手と接することができる機会は限られています。なので話せるときにはとことん話します。

普段はあまり話さないような人でも片思い中の相手を楽しませるため、つまらない男だと思われないために頑張って話します。

普段あまり話さないような人は話すことに慣れていないため妙なテンションになったり、空回りしてしまうこともあります。

普段よくしゃべるような人でも相手を楽しませようといつも以上に話したり、頑張っている感じが周りから見ても分かるくらい頑張って話します。

寡黙になる

先ほどの片思い中の男性のあるある言動のよくしゃべるようなパターンとは真逆なのですが、逆に寡黙になってしまう人もいます。

うるさい人と思われないようにカッコよくクールに振る舞いたいために、普段よく話す人が抑えめになることもありますが、もっと多いのは片思い中の相手の前では緊張して上手く話せないため寡黙になってしまったり、相手にどう思われてしまうのかを気にするあまり、何を話していいのか分からなくなったりします。

普段は普通に深く考えることなく話せても、片思い中だと相手にどう思われるかを気にしてしまうため、口数が減ってしまう人もいます。

気遣いを見せる

気遣いのできる男ですよとアピールするように些細なことでも相手のことを心配したり、気にかけたりします。

普段は自分のことを中心で考えていて、周りのことなんて気にもしないような人でも片思いをすると人柄を変えます。

ちょっと体調不良だといつもより過剰に「大丈夫?」と心配したり、何かを買ってきてくれたりなど明らかな優しさアピールをします。

また食事にみんなで行ったときも普段は自分のことしか気にかけないような人でも、グラスが空いていたら何を飲むか聞いたり、食べ物を取り分けてあげたり目に見えて気遣いのできる男性になります。

片思い中の女性の方ばかり見る

片思い中の相手のことが気になって仕方がないので、気づけば相手の方ばかりを見てしまいます。片思い中の相手のことはしっかり観察してリーサーチを怠りません。

RECOMMEND PR