復縁したいと思っている元彼との電話って緊張しますよね。「もし電話中の会話を失敗して、復縁が絶望的になったらどうしよう・・」そのように考える女性は、あなた以外にもたくさんいます。

「どうしても彼とやり直したい!」もし、あなたにそんな復縁を希望する元彼がいるなら、この記事は必ず役に立ちます。今回は復縁したい元彼と電話をする上で守るべき3つのルールを紹介します。ぜひ参考にして、復縁へと役立てて下さい!

スポンサーリンク

1.電話をかける理由作りを必ず行う

まずは復縁したい彼に電話をする前に、必ず『電話する理由を作る』ことが大事です。というのも、彼も復縁を望んでいれば、「元気にしてる?」なんていう理由がない電話でも良い反応が返ってきます。しかし、そうでない場合が殆どでしょう。

特に復縁を考えていないのに、元カノから電話がかかってくる。彼の方からしたら「えっ、こいつ何考えているの?」っていうのが本音です。その上電話が雑談のみの内容だったら、一発で彼の方もあなたに未練があり、復縁を考えているのを察してしまいます。

その結果、「復縁なんて考えていないし、着信拒否にしておこうか・・」なんて判断されてしまっては、復縁は絶望的になってしまいます。そんな状況になってしまわないように、電話をする理由を作ることが大切なのです。

彼が「あっ、この要件でかけてきたんだな」と納得して警戒心がなくなるような、しっかりした理由を用意しましょう。といっても、復縁したい彼に電話する理由なんて、なかなか作りにくいものです。仕事関係でなければなおさらでしょう。

そんな理由が見つからない人におすすめなのは、人を探しているという理由で電話をかけることです。「友達がイベント開催してて、○○に興味がある人っていないかな?」こういう理由でかけると、ナチュラルに電話をすることができます。

このイベントっていうのはなんでもOKです。成功した人の中には、「友達が合コン相手探していて・・」なんていう理由で電話した人もいますよ。

2.電話はあくまでアポイントを取るための道具と割り切る

復縁したいあまり、元彼と長電話になってしまったり、電話の頻度が多くなる女性がいます。ですが、復縁をする上で電話はあくまでアポイント(直接会う約束)を取り付けるための道具と割り切ってください。

というのも、電話では彼の表情などがわからず、声のトーンだけで判断しなければなりません。そうなると、本当は彼が電話を面倒くさがっている可能性を見落とす可能性があり、ある日唐突に着信拒否にされてしまう最悪のパターンで撃沈する人が地味に多いです。

そもそも、電話自体苦手な男性が多いので、たくさん電話で話すぐらいなら、「久しぶりにカフェで話をしよう」と会うことを目的にした方が、確実に好印象につながります。

顔を合わせていれば、彼がどう感じているかを表情やしぐさで判断しやすく、まずい状況などを回避しやすくなります。必ず電話は会うための約束作りの道具として活用しましょう。

3.雑談の中から、現在の恋愛状況を確認する

復縁のための電話、最後のルール。それは、彼の現在の恋愛状況を確認するのを忘れないということです。

例えば、最初に用事で電話をかけた時に、「そういえば、友達がこないだ彼氏できたって自慢してきてさ、○○クンは新しく彼女とか好きな人できたの?」といった友達の話をきっかけに、現在の彼の恋愛状況を確認しましょう。

スポンサーリンク