酒癖が悪いと自覚のある女性。飲み会のたびに、「酔った勢いで大きな失態をしてしまうのではないか・・」と心配になることでしょう。実際に酔った勢いでの後悔は珍しいことではありません。しかし、「酔っていたから・・」なんて言い訳が通用しないこともたくさんあるのです。

そこで今回は酔った勢いですると後悔することを7つ紹介していきます。酒癖が悪い自覚のある方は、お酒の席では十分注意をしてください。

スポンサーリンク

1.キスやハグ

酔った勢いでキス魔になってしまう女性は多いです。またキスまでしなくても、ハグをしてスキンシップをしたがる女性も多くいます。これは日頃の寂しさや人恋しさが、お酒を飲むことで開放されてしまい、誰でも良いからとキスやハグをしてしまうのでしょう。

「キスやハグくらい・・」と思ってはいけません。キスやハグをすることで後悔をする大きな理由が二つあります。

男を勘違いさせてしまう

一つは男性にキスやハグをすることで、その男性を勘違いさせてしまうということです。あなたには酔った勢いでしてしまった記憶にない事故でも、それをされた男性はそうは思いません。

「俺のこと好きなのかな?」と家に帰ってからもあなたとのキスやハグを思い出してはドキドキしてしまうでしょう。その結果、あなたのことを好きになる男性もいるかもしれません。

しかし、再び会った時には「お酒のせい。覚えてない。」なんてことになれば男性は悲しむでしょう。怒る人もいるかもしれません。どちらにせよ一人の男性を傷つけることになってしまうのです。

男女のトラブルの加害者になってしまう

もう一つはキスやハグをした男性に、彼女や奥さんがいた場合です。これが周囲の噂でばれた時、あなたは加害者となります。

もしそれが原因で喧嘩や離婚に発展した場合、あなたにも大きな責任があるのです。恨まれることは間違いないでしょう。酒癖の悪さで他人の幸せを壊すようなことになってしまうのです。

2.セックス

「朝起きたら裸で男性と寝ていた・・。もしかして・・?」こんなドラマみたいなことが、酒癖の悪い女性には本当に起きてしまうのです。

酔った勢いでいい雰囲気となり、そのままホテルへ直行。記憶があったとしても、その時には「まぁいいか」と思い、そのままセックスをしてしまうのです。

しかし、酔った勢いでするセックスに愛はありません。残るのは虚しい気持ちだけです。そして男性からは「酔わせればセックスできる軽い女」だと思われてしまうのです。そんな軽い女になってはいけません。

セックスとは愛のあるものであるべきです。お酒の勢いで愛のないセックスをするなんて、自分を大切にできていない証拠です。本当に好きな人ができた時に後悔しても遅いのです。

また軽はずみなセックスで妊娠してしまうこともあり得ます。そんなことにならないように、酔ってもきちんと理性を持ち一線を越えないようにしなければいけないのです。

3.好きな人に告白

普通の時では勇気が持てずにすることのできない好きな人への告白。お酒の力を借りれば、酔った勢いで出来るなんて考えてはいけません。そんな告白を真剣には受け止めてくれないからです。

自分が告白された時のことを考えてみましょう。酒臭い男性が顔を赤らめて「好きなんだよね」なんて言ってきたところで、あなたは信じますか?酔ってるから適当なことを言っている軽い男だと軽蔑しませんか?それは男性も同じです。

大切な話だからこそ、自分の勇気をもって真剣に話すべきなのです。酔った勢いでする大切な話は、その重みが全くなくなってしまいます。信用を失うことになってしまうので注意しましょう。

4.好きでもない相手と付き合う

酔うと人恋しくなる時があります。誰でもいいから隣にいてほしくなり、隣にいる相手に依存したくなるのです。そんな状況で「付き合ってほしい」なんて告白をされたら、好きでもない相手でも「はい」と勢いで返事をしてしまうこともあります。

しかし、相手は好きでもない人。酔いが冷めれば会うのも面倒に思うような相手なのです。でも付き合うと答えてしまったため、すでに交際がスタートしているのです。

無理にでも付き合うか、正直にお酒の勢いだったと謝罪するしかないでしょう。しかし告白してくれた相手は、あなたを好きだったのです。酔っていたとはいえ、ぬか喜びをさせて傷つけてしまうことになります。もうその人とは友達にすら戻ることもできないでしょう。

だからと言って好きでもない相手と付き合うのは、自分も相手も傷つけることになってしまうのです。

5.元彼や気になる彼に電話やメール

お酒の勢いというよりか、お酒の力を借りて・・という方が正しいかもしれません。酔っていない時は勇気がなくて連絡のできない相手に電話やメールをするのです。これはどうでも良い男性ならまだしも、元彼や気になる彼にするのは危険なことです。

酔っている時にする電話やメールはまともではありません。寂しさや愚痴、弱い部分を訴える内容になってしまうでしょう。結果的に相手からすると、ただの「かまってちゃん」のように思われてしまうのです。

酔ったからといって連絡してくるなんて面倒な女だなと飽きられてしまう可能性もあります。翌日自分のした連絡内容を見返して後悔するはず・・。

そんなことになっては、復縁したい元彼とも気になる彼とも上手くいくことはないでしょう。酔った時は本命には連絡をしないのが一番です。

6.浮気や不倫

酔っている時は理性もなくなり、物事の判別もつかなくなりがちです。そんな一時の過ちで、あなたの一番大切な人を失うことになってしまうのです。酔った勢いでの浮気や不倫によって、色んな人を傷つけて色んなものを失います。

お酒の席で少しタイプの男性に口説かれた時は、誰だってイイ気分になります。そんな時に自制心が崩壊してしまうとどうなるか?自分に彼氏がいようが、相手が結婚指輪をしていようが現実逃避してしまい「一晩だけなら・・」という軽い気持ちで浮気や不倫をしてしまうのです。

このような過ちは、一晩であっても許されることではありません。その一晩が人生を転落させることもあるのです。浮気や不倫を軽く考えることはやめましょう。「酔っていたから・・」では通用しませんよ。

7.周りの人への言動

周りの人の言動で後悔することはよくあります。酔いのタイプによってもいくつかありますので、そのタイプ別に紹介していきます。

説教

お酒の勢いで周りに説教を始めるタイプです。先輩後輩関係なく、人生論や恋愛観などとにかく説教をするのです。聞いている方は面倒だと感じて、あなたと飲みたいとは思わなくなるでしょう。翌日から気まずい関係になり、後悔することになります。

泣く

飲むと泣く女性。これは面倒ですね。自分の弱みを吐きながら泣いてしまうなんて・・大勢の前でやってしまうと、皆に弱みがバレてしまい恥ずかしいことになります。

暴言

飲んだ勢いで言葉遣いが悪くなる人がいます。急に「お前さー」なんて言葉遣いになっては、周りの人もドン引きです。もし気になる男性が飲みの場にいたら、間違いなく女性としての評価を落とすことになり後悔します。

甘える

お酒が入ると甘い声ですりすりと甘える人。これを誰にでもやっている女性は、まず同性の敵になります。異性からもぶりっ子や軽い女と思われてしまうことがあります。好きな人と二人きりの時は良いですが、不特定の人に酔った勢いで甘えるのはやめましょう。

下ネタ

酔ったら急に下ネタを言い出すおじさんのような女性。周りに欲求不満だと思われますよ。たとえお酒の席で下ネタを言われても、笑ってごまかすくらいにしておきましょう。

上手くお酒と付き合おう

酒癖の悪い女性が酔った勢いですると後悔することを紹介しました。あなたの経験したことのある失敗はありましたか?

酒癖が悪いという自覚のある人は、自分のお酒の適量を把握して上手にお酒と付き合えるようになりましょう。そうすれば後悔することなく、楽しい時間を過ごすことができるはずです。

スポンサーリンク