彼氏も実家暮らし、自分も実家暮らし。お互いが実家暮らしのカップルは良いこともあるけど、不便なこと多いですよね。

そこで今回は実家暮らしのカップルあるあるを紹介します。あなたは何個共感できますか?

スポンサーリンク

1.お泊まりはあまりできない

彼氏も自分も実家暮らしのカップルにとって一番の問題は、お泊まりがあまりできないことですよね。一人暮らしのカップルのように、お泊まりが当たり前のようにできないから、たまのお泊まりは嬉しくてたまりません。

二人の記念日や誕生日などの特別な時は、ラブホテルじゃなくて、ちょっとお洒落なホテルを準備したりします。

実家暮らしのカップルにとって、お泊まりはちょっとしたイベントです。生理の日のチェックや、次の日の予定を絶対入れないように細心の注意をします。

お泊りに必要以上に気合いを入れるのは、実家暮らしカップルの典型的なあるあるです。

2.お互いの実家で遊ぶといいところで邪魔が入る

食事や映画、カフェ、ドライブなど実家暮らしのカップルは、一人暮らしのカップルと違って外でのデートがほとんどです。でも、たまにはゆっくりしたいときも。そのため、お互いの実家に行くこともあります。

どちらかの部屋でゆっくり音楽を聴いたり、DVDを観たりお部屋デートを楽しみます。外デートのように人混みを歩き回ったり、カフェで長時間並んだりするわけではないのでリラックスできますよね。

それに二人きりの空間ではカップルですから、なんとな〜く良いムードになることも。肩にもたれかかったり、髪を撫でられたりしてるうちに、いつの間にかキス・・。

そんないい雰囲気でも、バタバタバタと足音が近くなるとビクっ!ドアがノックされると思わず飛び上がることに。そして何もなかったかのようにDVDを観たり、雑誌を見てるフリをしてごまかす・・。

お互いの実家だと、いいところで邪魔が入るんですよね。これも実家カップルのあるあるです。

3.家族が留守のときのおたのしみ

彼氏も自分も実家暮らしのカップルの唯一ゆっくりできるタイミング。それはどちらかの実家が留守になる時です。

例えば、あなたの家族が旅行で留守のときなら、ご飯を作って彼氏をおもてなしできます。さらに、お泊りだってOK。いつものようにビクビクしながらキスする必要もありません。

突然のノックや足音を気にしなくても大丈夫!その日はあなたと彼氏の二人きり。いつものあなたのベッドに大好きな彼氏が寝てるなんて幸せですね。

そして家族が戻る前に、彼氏の痕跡を消して何もなかった顔で家族を出迎える・・。こんなドキドキを味わえるのも、実家暮らしカップルのあるあるです。

4.お互いの家族への気遣いが必要

実家暮らしのカップルは、当然お互いの家族と顔を合わせる機会が一人暮らしのカップルよりも多くなります。

特に送り迎えをしてくれる彼氏なら、相手のお母さんと頻繁に顔を合わすことになります。お母さんと会ったら、車から降りてきちんと挨拶。一言二言会話をすることも忘れません。彼女とケンカをしていても、サッと営業スマイルに変わります。

「ホント、○○くんていつも爽やかね~」なんて、あなたのお母さんは満足気。「は~!どこが・・」と思うこともあるはずです。

女性側も負けてはいません。旅行や珍しいものを見つけたりすると、お土産として彼氏に持たせます。彼氏の実家に行くときも、なるべく親受けの良いファッションを意識します。とにかく、彼氏の家族に好印象を与えることに余念がありません。

実家暮らしカップルは、お互いの家族に結構気を遣っているのです。

5.結婚に早く到達しやすい

実家暮らしのカップルの良いところは、両方の家族との面識があるため、早い段階から恋人としての認識を持たれます。

「○○ちゃん元気なの?久しぶりに夕食呼んであげたら?」「○○くんも誘ったら?」など、お互いの家族からお声がかかることも多いのが実家暮らしカップルのあるあるです。

付き合いの期間が長くなり、結婚しても良い年齢になってくると、本人達よりも周りの家族たちの方がそわそわ・・。

  • 「そろそろ、○○ちゃんとの将来のこと考えていかないと。」
  • 「あなたも○○くんと結婚したときに備えてお料理でも習ったら?」

このように周りから後押しされ始めます。そのため、一人暮らしのカップルのように、結婚を彼氏がなかなか決断しないなんてことは意外と少ないです。

実家暮らしのカップルは、一人暮らしのカップルよりも外堀を埋めている分、意外と早くゴールインしやすいのです。

6.映画デートが多い

実家暮らしのカップルのデートは、もっぱら映画鑑賞が多くなるのが特徴です。安価で2時間はゆっくり二人で座っていられるため、なかなか二人きりでゆっくりできない実家カップルにはもってこいなのです。

休みの日だけじゃなく、仕事終わりのレイトショーなどは、人も少なくイチャイチャしたいカップルにはオススメの空間。映画を観るよりも二人の世界にどっぷり浸ってしまうのです。

だから、実家暮らしのカップルは映画通でもないのに、やたら新作映画の情報を持ってる・・。これも実家暮らしカップルのあるあるです。

7.マンガ喫茶デートが多い

もう一つゆっくりできて、オマケに二人の世界にどっぷり浸れるデートがあります。それはマンガ喫茶デートです。マンガ喫茶といってもなめていてはいけませんよ!最近のマンガ喫茶は、ちょっとしたホテル並みの快適空間なんです。

個室にソファーとパソコンもあるため二人でゲームをしたり、音楽を聴いたり、もちろんマンガを読んだり・・。まるでどちらかの部屋にいる気分を味わえます。これが実家暮らしのカップルには嬉しいのです。

しかも、24時間やってるから、お金のない時のお泊まりにもピッタリ。シャワーもあって軽い食事もできるから、快適な擬似家デートができるのです。

もちろん、ラブホテルじゃないからエッチはできないけど、手を繋いだり、キスくらいなら問題なし!実家暮らしのカップルは、二人の空間を求めてマンガ喫茶巡りデートが多いのもあるあるなのです。

8.ホテルはもっぱら休憩

実家暮らしのカップルの辛いあるあるの一つが、一人暮らしのカップルのように、いつでも好きなタイミングでエッチができないということです。

実家暮らしのカップルの場合、エッチは当然ラブホテルになります。でも、いつもいつもお泊まりするのは、実家暮らしの女性だと家族の目があるためできませんよね。

それにお泊まりするとなると、いくらラブホテルでもホテル代がバカにはなりません。だから実家暮らしのカップルは、もっぱら休憩派が多いのです。

休憩だと二人の食事代程度で数時間利用することができるから経済的!実家暮らしのカップルにとっては嬉しい限りです。

涙ぐましい努力も何だかんだ楽しめる

実家暮らしのカップルあるあるを紹介しました。共感できるものはありましたか?お互いが実家だと窮屈な面もあるけど、お互いの家族に気にいられると結婚の後押しをしてくれる良い面もありましたね。

二人きりになかなかなれないけど、映画館やマンガ喫茶などで二人の空間を確保する・・。そんな涙ぐましい努力も何だかんだ楽しめるのが実家暮らしカップルなのです。

興味がある方は、男性が結婚するなら実家暮らしの独身女性を選ぶ理由7つ社会人の実家暮らし!これだけは徹底しておきたい8つの習慣も併せてご覧ください。

スポンサーリンク