人から誘われるとどうしても断れない・・。こんな性格の女性なら、なんで誘いを断れないのか?どうすれば、上手く誘いを断れるのか?分からなくて悩んでいるでしょう。

そこで今回は誘いの上手な断り方と誘いを断れない心理を紹介します。人の誘いを断れなくて悩んでいる女性は必見です。

スポンサーリンク

人の誘いを断れない心理9つ

まずはなんで人の誘いを断れないのか?その心理を紹介します。

1.嫌われたくない

人の誘いを断れないのは、嫌われたくない思いが強いからでしょう。誘いを断られてしまうと、確かに少し寂しい思いをするのは事実です。ただ、誘いを断ったからといって、それだけで嫌われるものではありません。しかし、「断る=嫌われる」という思考回路に陥ってしまうと、そうは思えないのです。

断ることで、「相手がどう思うかな?」「嫌われてしまわないかな?」などと過剰ともいえる反応をしてしまいます。このように、嫌われないために自分の思いより、相手の気持ちを優先して考えてしまうのです。

2.相手の期待に応えたい

人の誘いを断れないのは、相手の期待に応えたい思いがあるからかもしれません。「せっかく誘ってくれたのだから断るのは悪い」と思ってしまうのです。もちろん、誘う時は相手を選ぶことはありますが、大した理由でないこともあります。

  • たまたま誘いやすい距離感だった
  • 誘う相手をローテーションしている
  • ○○さんを誘いたい

このように誘う理由は様々です。そのため、誘った方としては、「軽い感じで誘っただけなのに」「嫌なら断ってくれても全然よかったのに」という気持ちでしょう。

しかし、人の誘いを断れない人はそうは思えません。相手の気持ちを勝手に想像してしまい、最後に挙げた、「○○さんを誘いたい」に自分を当てはめてしまうのです。

3.相手の心配をしてしまう

人の誘いを断れないのは、相手の心配をしてしまうからかもしれません。自分が誘いを断ってしまうと、「一人になってしまわないか?」「誘いを断られて寂しい思いをしてしまわないか?」などと思ってしまうのです。

これは優しい性格が影響していることは言うまでもありませんが、恐らく自分がそうだからなのでしょう。誘いを断られた時のマイナスな面を相手が感じてしまわないか?このように自分に置き換えて考えてしまうのです。

4.断ることに罪悪感を感じてしまう

人の誘いを断れないのは、断ることに罪悪感を感じてしまうからかもしれません。これは責任感が強い人に良く見られます。人の誘いを断ることが何か悪いことをしているような気がしてしまうのです。

人の誘いを断れない人も、物理的に無理な誘いは断るはずです。予定や用事が決まっていたら当然ですよね。しかし、それがないと嘘を言わなければいけません。もしかしたら、それが罪悪感の原因かもしれませんね。

こんな人はそもそも、人の誘いを断ることが好きではありません。そのため、誘いには行きたくないけど、嘘も言いたくない!このように自分の性格と、断りたいという自分の願望に悩んでしまうのです。

5.対人関係が苦手

人の誘いを断れないのは、対人関係が苦手で思っていることが言えないからでしょう。「誘いを断りたいのだけど、どうやって断っていいのか分からない?」と悩んでしまうのです。

しかし、誘ってくる相手はそんなことまで考えてくれません。「誘いを断らない=誘いが嫌ではない」と思っていますからね。そうなると、ますます誘われるようになる。そんな苦しい状況になってしまうのです。

また、アスペルガー症候群のように、相手の意図を汲み取ることができない人もいます。相手が軽い感じで誘ってきても、それを真に受けてしまうのです。

いずれにしても、コミュニケーションが苦手なことで誘いを断れなくなってしまいます。コミュニケーション能力は簡単に上達するものではないので、難しいところですね。

6.何とかなると思ってしまう

人の誘いを断れないのは、誘われた時に何とかなると思ってしまうからかもしれません。やりたいことや予定があっても、「多分大丈夫でしょ」「何とかなるでしょ」などと軽く考えてしまい、結果的に、「断ればよかった」「来なきゃよかった」と思ってしまうのです。

  • 睡眠時間が削られて寝不足になる
  • 仕事や家事の時間が削られて忙しくなる
  • やりたいことの時間が削られてしまう

誘いを断れなかったために、こんな経験をしたことはありませんか?これは厄介なことに、やりたいことがやれないストレスや大変な思いこそしますが、何とかなってしまうのです。もっと言えば何とかしてしまうのです。

そのため、誘いを断れなかったことに毎回後悔しても、誘われる度に同じミスを繰り返してしまいます。あなたは何とかなると思って誘いを受けていませんか?そして、それが重荷になっていませんか?一度考えてみて下さい。

7.反射的にYESと言ってしまう

人に誘われてしまうと反射的にYESと言ってしまう。人の誘いを断れない原因にこんなこともあります。仕事でも誘いでも断らない癖が付くと、考える間もなく口が勝手にYESと言ってしまうのです。よく言うイエスマンがこれに当てはまります。

「あぁ、しまった・・」と思っても、もう遅いです。一度誘いを受けてしまった以上、そこから断るのは印象がよくありません。相手に、「本当は嫌だったのかな?」なんて思われかねませんからね。

また、反射的にYESと言ってしまう人は、相手からも誘いやすい存在になってしまいます。誘いを断れない故に、誘いやすい存在になってしまう!それが嫌なら取りあえず断っておき、そこからじっくり考える癖を付けましょう。

8.八方美人でみんなに好かれたい

先ほど紹介した嫌われたくないとは反対の思考で、みんなに好かれたいから断れない人もいます。誘いを断って自分の時間を作ることよりも、好かれたい願望が勝ってしまうのです。

好かれたいなら相手の望むことをしてあげるのが手っ取り早いですよね。それなら、誘いを断るなんてもってのほか!本当は断りたいのだけど、「好かれるためならしょうがないか」と思ってしまうのです。

また、八方美人な性格だと誰にでもいい顔をしてしまいます。一つ一つの誘いに関してというよりは全体として、「誘いを断れなくて疲れちゃうな」と感じてしまうのです。

9.誘われるとうれしい面もある

全く誘われないのも寂しいものです。誘いを断る手間が省けて楽と思う人もいますが、それはあくまで少数派!ほとんどの人が誘われるのはうれしいと感じています。そのため、つい誘いを受けてしまう。これが誘いを断れない理由の一つかもしれません。

人間の気持ちは複雑で誘われなければ断る必要もないのですが、それではダメなのです。「取りあえず誘われたい!」そのうえで、「嫌な誘いは断りたい」のです。

このように誘われたい気持ちから、「また、誘ってもらいたいな」「断ると次回誘ってもらえないかな?」なんて思ってしまうと、誘いを断ることに抵抗ができてしまうのです。

誘いの上手な断り方9つ

断れない心理はいかがでしたか?自分に当てはまる部分があれば、考え方を変える必要があるかもしれませんね。それでは次は誘いの上手な断り方をシーン別に紹介します。

1.誘われて嬉しくない男性からのデートの断り方

デートの誘いを断る場合、相手との関係性で断り方は変わってきます。まずは、どんな関係性なのか考えてみるといいでしょう。

  • 今後も関係が続く男性
  • 特に関係が切れても問題ない男性

前者ならば、断り続けてもいいことはありません。「理由を付けて断っているけど、ほんとは来たくないんだろ」といずれ本音がバレてしまいますからね。また、嘘がバレる危険性もあるので、正直に自分の気持ちを伝えて断るのがいいでしょう。

一方、後者の断り方は特に悩む必要はありません。誘いを断るのが苦手なら、「今、忙しいから予定空いたらこっちから連絡するね!」だけでいいです。ほとんどの男性がはっきり断れない性格なんだろうと察してくれますよ。

どちらにも言えますが、諦めが悪い男性はデートの誘いを断っても、また誘ってきます。そうならないように、しっかり対処することが必要です。

2.上司からのお酒の断り方

最近では飲みニケーションがパワハラだという風潮もあり、上司からお酒の誘われることは減ってきています。しかし、お酒を飲んでコミュニケーションを図ろうという上司はいまだ健在です。

上司からの誘いを無下に断ってしまって印象を悪くすることは避けなくてはいけません。そのため、断る理由には十分な注意が必要です。

  • 嘘がバレないもの
  • 上司がしょうがないと思う理由
  • 上司であっても深く聞けない理由

この条件に当てはまるものを用意しなくてはいけません。おすすめなのが、家族に関するものです。「今日はちょっと家族の予定があるので」「家族が今大変で」なんて言われてしまったら、上司といえどもそれ以上追求できませんからね。

ただ、使いすぎには要注意!いつも家族を理由に断ってばかりだと話が大事になってしまいます。本当に行きたくない時に使いましょう。

3.飲み会の断り方

社会人になるといろんな飲み会の誘いがあります。特に忘年会シーズンともなると誘いも多くなるでしょう。そのため、全てに参加していたのでは体が持ちません。お財布も疲弊させてしまいますからね。

そこで、医者にお酒を止められていることにしてはいかがでしょう?これなら、飲みたいけど飲めないから飲み会の場には行きたくないという、もっともらしい言い訳ができます。お酒が好きな人ほど、「飲めないなら来たくない気持ちは分かる」と思ってくれるでしょう。

また、病気と違って、肝臓が弱っているという曖昧な理由にできます。病気を理由にしてしまうと普段から病弱な雰囲気をしなくてはいけませんが、それもしなくて大丈夫です。飲みたい日なら、「医者に少しぐらいなら飲んでもいいよと言われた」と言えばいいですからね。

4.義母からの誘いの断り方

近いのに言いたいことが言えない義母というのは一番微妙な関係ですよね。そんな義母からの誘いを上手く断るには、まずは旦那を味方にしなければいけません。それをしないと、どんな断り方をしても結局バレてしまいます。

義母は息子でもある旦那からそれとなしに情報を仕入れます。嘘がバレてしまえば、「あらっ!あの日○○してたんじゃなかったのね」なんて嫌味を言われかねませんからね。

また、旦那が協力的でもボロを出さないとは限りません。そのため、何かをするからという理由だとバレたとき言い訳がきつくなってしまいます。友達と会う予定が入っているからという理由だったら、ドタキャンされたなど言い訳しやすいのでおすすめですよ。

5.ママ友からの誘いの断り方

ママ友からの誘いの断り方も注意しなくてはいけません。断り方を間違えてしまうと、いじめられてしまうこともありますからね。そのため、ママ友が納得できる理由が必要となってきます。

おすすめなのは、義母を理由にすることです。嫁姑問題はどこの家庭でも少なからずあるでしょう。義母が理由なら、「あなたも大変ね」「嫌だろうけど、頑張ってね」なんて同情してもらえますよ。

ただ、ママ友は生活圏が同じなので、部屋に閉じこもっていない限り、他のママ友に見られて嘘がバレてしまう可能性があります。その点は十分注意しましょう。

6.女子会の断り方

これも先ほど紹介したママ友と同じく、誘いを断るには納得できる理由が必要です。そうしないと、陰口を叩かれてしまうなんてこともありますからね。また、妬まれないようにも注意しなければいけません。

  • 仕事が忙しい
  • お金がない
  • 体調が悪い

このようにちょっと不幸な理由の方が同情を誘えていいでしょう。また、あくまでも本当は行きたいという気持ちを伝えるのがポイント!そうすることで、「大変だね、無理しなくていいよ」と思ってもらえますよ。

7.エステや化粧品の勧誘の断り方

エステや化粧品の勧誘の断り方に困ってしまった。こんな経験をした人は多いでしょう。知らない人ならきっぱりと断ることもできますが、知り合いならそうはいきませんからね。

これは会わないのが一番ですが、それもそう簡単にはいきません。エステや化粧品を勧誘する人は営業マンと同じで、売ればそれだけお金が入ってきます。他のケースとは誘いの本気度が違い、曖昧な理由で断っていても簡単には諦めてくれません。

そのため、難しくても断る際はきっぱり断りましょう。長期戦になると言いくるめられてしまう恐れもあるので、早めに断るのもポイント!間違っても、「この人イケル!」と思われないようにしましょうね。

8.友達の結婚式二次会の断り方

友達の結婚式二次会の誘いでどうしようか悩んだことはありませんか?本当にお祝いしたい相手なら悩む必要はありませんが、「結婚式や二次会に呼ばれるほど仲が良かったっけ?」と思うような相手に呼ばれることもありますからね。

お祝い事なので断るのは気が引けてしまいますが、行きたくないのなら無理に行く必要はありません。断り方はシンプルに用事があっていけないと言うだけでOK。相手としては出席する人数が知りたいだけなので、理由などどうでもいいのです。

もし、誘いを断ってしまったことに、わだかまりを感じるのであれば、結婚式が終わった後にでも、電話でお祝いしてあげるといいでしょう。このようにフォローも忘れずにできるといいですね。

9.合コンの断り方

合コンの誘いを断るには、「彼氏がいるから」「今、気になる人がいるから」と断るのがいいかと思いがちです。しかし、人数集めに苦労している幹事なら、「彼氏いてもいいよ」「いるだけでいいから」なんて言われかねません。そのため、断る理由は物理的に無理な理由にした方がいいでしょう。

  • 遠方の友達が遊びに来ている
  • 仕事の飲み会がある
  • 家族のお祝い事がある

このように予定がずらせないものがオススメです。予定がずらせるものだと、断っても切羽詰まった幹事が再度お願いしてきますからね。また、「多分行けないからやめておくね」のような曖昧な断り方をしてしまってもいけません。

ただでさえ、断るのが苦手なのです。2回断るのが面倒なことは言うまでもなく、人数集めに苦労している状況を見てしまうと、情が出て断りにくくなってしまいますからね。

断る準備をしておく

人の誘いを断りたいと思っても、苦手なことをするのですから、そう簡単にはいきません。あらかじめ断る理由を考えることもそうですが、精神面でもしっかり準備をしておくことが大切です。そうすれば、いざ断る際も自然に断れるようになりますよ。

興味がある方は、男の誘い方別撃退法!ホテルに誘われた時の断り方6つ好きじゃないしめんどくさい!上手なデートの断り方10選も併せてご覧ください。

スポンサーリンク