「旦那に不倫がばれたかもしれない・・」不倫している女性にとって背筋が凍る瞬間ですよね。「ばれないように不倫していたはずなのに・・」と思って、どうしたらいいかパニックになってしまいますよね。

そこで今回は旦那に不倫がばれた時の対処法を8つ紹介します。夫婦生活最大のピンチを乗り切りたい方必見です!

スポンサーリンク

1.不倫相手と関係を断つ

旦那が不倫していた場合、許せない気持ちがあっても家庭を壊さないために何とか事態を収拾させようとしますよね?しかし、不倫が継続中だったら許そうという気持ちはなくなるでしょう。

旦那に不倫がバレてしまったら、まずは不倫相手と関係を断つことを何よりも優先させましょう。関係がきちんと切れていない事がバレたら火に油を注ぐようなものです。謝って済んでいたかもしれないのに訴訟や離婚などに発展してしまうかもしれません。

謝って許してくれる優しい旦那でも、不倫相手との関係だけは野放しにしておいてはくれません。かなり警戒されますので隠し通すことは無理だと思って下さい。

「ほとぼりが冷めたら・・」なんて間違っても考えてはいけませんよ。

2.小遣いを上げる

家庭の財布をどちらが握っているかは様々ですが、女性が握っている場合の方が多いですよね。

家や車のローンを考えると旦那に小遣いをあまり渡したくないのが本音だと思いますが、不倫がバレてしまった時は緊急事態です。小遣いを上げてとにかく機嫌を取ることに徹しましょう。

結婚した男性のほとんどが小遣いに不満を持っています。不倫がバレてすぐだと怒りが勝ってしまい効果は微妙ですが、怒りが収まってきた時期を見て切り出せば効果は抜群ですよ。

また小遣い制ではなく必要な時にお金を渡している場合は、旦那の欲しいものを買ってあげてもいいでしょう。家庭の財布事情は厳しくなるかもしれませんが、不倫した罰として受け入れて下さいね。

ただ、いつまでも小遣いを上げたままだと大変です。ほとぼりが冷めたタイミングで元の小遣いに戻しましょう。

3.家庭に今まで以上に尽くす

不倫している旦那が日曜日に家でゴロゴロしていたらムカつきませんか?せめて掃除や子供を外に連れていくなどして欲しいですよね。

不倫がバレてしまったあなたも同様に家庭に尽くさないと旦那の怒りが収まることはありません。

  • 料理を今まで以上に頑張ったり、弁当を作っていなかった場合は弁当を作る
  • 掃除や洗濯を今まで以上に頑張り、家を綺麗にして反省の色を出す
  • 子育ての旦那の負担を減らす努力をする

家庭に尽くすことで反省していることを旦那に伝えることができます。旦那もその姿を見て「もう許してやるか・・」と気持ちが収まるのです。

スポンサーリンク