一番好きな人とは結婚できない。二番目に好きな人と結婚すると幸せになれる。そんなことが世間では言われていますが、冷静に考えてみると本当に好きな人と結婚できなかったから、二番目に好きな人と結婚したのでは?とも捉えられます。実際はどうなのでしょうか?

そこで今回は二番目に好きな人と結婚することについて徹底解説していきます。

スポンサーリンク

二番目に好きな人と結婚すると幸せになれる理由

なぜ二番目に好きな人と結婚すると幸せになれるのでしょうか?その理由を詳しく紹介します。

二番目に好きな人と結婚するのはなぜ?

そもそも、なぜ二番目に好きな人と結婚するのでしょうか。普通なら一番好きな人を結婚相手に選びますよね?実はこれには言葉のトリックが含まれています。大切な部分がすっぽり抜け落ちているため、人によって様々な捉えられ方をしてしまうのです。その大切な部分は『いつか?』です。

現時点で二番目に好きな人を自ら選ぶわけではない

この『いつか?』の部分を現時点としましょう。現時点でイイ感じの男性が二人いるとします。二人とも自分に好意を抱いてくれているなら、より好きな男性を選びますよね?一番好きな人と付き合えるのに、わざわざ二番目に好きな人と付き合う人はいません。

しかし、二人が自分に好意を抱いていない場合はどうでしょうか。まずは一番好きな男性にアプローチするはずです。しかし、全ての片思いが実るわけではありません。一番好きな相手にはすでに彼女がいることもあります。そこで初めて二番目に気になる彼にアプローチを始めるわけです。

結婚を決断する際も同じです。現時点で一番目の相手が叶わぬ恋なら、二番目に好きな人を選ぶのは自然なことなのです。むしろ、二番目の相手と結婚できるのなら幸せですよ。三番目、四番目・・。中には、誰とも結婚できない人もいるのですから。

今まで出会ってきた男性の中で二番目に好きな人

『いつか?』の部分には、もう一つ当てはまるものがあります。それは『今まで出会ってきた中で』です。この意味で二番目に結婚したと発言する人も多いと思います。しかし、この意味でも二番目の相手と結婚できることは幸せなことだといえます。なぜなら、この発言ができるのは、現時点で一番好きな人と結婚でき人だけですからね。

現時点で一番好きな人と結婚することができた。でも、元彼の中にもっと好きな男性がいたな・・。そう自分の中で思っているのでしょう。

元彼のこと美化していない?

元彼と現在のパートナーを比べてしまっている女性に自問自答してほしいことがあります。元彼のことを美化していませんか?本当にあなたが思っているような男ですか?

自分が手に入れられないものを美化したり、執着してしまうのが人間です。その逆に、当たり前にあるものの大切さは忘れがち。だから、失った後に美化して執着してしまう・・。そんなことを繰り返して大人になったはずです。

もし現時点で大好きな男性と結婚できたのに、今まで出会ってきた中で二番目に好きだなんて思っているなら反省しましょう。もういい加減に学んでください。今あなたが何気なく彼と過ごす日常が、どれだけ尊いものなのかを。

好きな人と結婚できなかった人は意外と多い

ここまでのことを考えると、好きな人と結婚できなかった人は意外と多いはずです。厳密には、『好きな人と結婚できなかったと思っている人』ですね。

スポンサーリンク