あなたは自分に自信がありますか?NOと答えた人は、毎日楽しく過ごせていますか?自分に自信がないと、人生を楽しく思い切り過ごすことも難しくなります。そんな毎日を過ごしていてはもったいないですね。

そこで今回は自分に自信がない人の特徴を紹介します。自分に自信がない人は、その特徴を理解して改善するために努力してみましょう。

スポンサーリンク

1.否定言葉が口癖

自分に自信がない人には共通している口癖があります。

  • 「でも・・」
  • 「だって・・」

冒頭にこのような否定的な言葉がつくのです。常に自信がなく、自信がないことでやらないことを言い訳にしてきています。そのため何かを話す時にも、まずは否定的な言葉を口にしてしまうのです。

  • 「私なんかが・・」
  • 「どうせ私なんて・・」

他にも、このような自分を否定する言葉を頻繁に使います。これも謙遜しているわけではなく、本当に自信がないからです。自分が何か行動するのが怖い時には、自分を否定して物事から逃げてしまう傾向があるのかもしれません。

2.自分の意見を言えない

自分に自信がない人は、自分の意見そのものにも自信がありません。一応、自分の中に意見はしっかり持っています。しかし、その意見を心の中で止めてしまい、発信することができません。人から否定されたり拒絶されることが怖くて表に出すことができないのです。

そして人の意見に流されてしまいます。人がAと言えばA。Bに変更と言えばBに。そんな優柔不断な行動のせいで周囲からは、「自分の意見がなく流されているだけの人」と思われてしまうのです。また、人によって意見を変える八方美人ともとられてしまうこともあります。

3.周りの評価ばかりを過剰に気にする

自分に自信がない人は、自己評価が異様に低い人です。このような人は、自分の評価を必要以上に他人に求めます。自分が評価できない分、人から認められたいという思いが強くなっているのです。そのため、ほんの些細なことでも周りの評価や反応を過剰に気にします。

  • 私がこれを言ったことで、周りの人はどう思っただろうか?
  • 私がこれをしたことで、私の評価は少しでも高くなっただろうか?

そんなことが気になって仕方がないのです。

自分に自信がある人は、周囲の評価を気にせずに自信をもって我が道を行きます。それができないため、いつも人の顔色を見てしまうのです。

4.常にマイナス思考

同じ出来事が起きても考え方次第では、それは良いことにも悪いことにもなります。自分に自信がない人は、常にマイナス思考のため、何でも悪いことに捉えてしまう特徴があるのです。

スポンサーリンク