あなたの周りには、「高嶺の花」と呼ばれる女性はいますか?普通の美人と違って、人を近寄らせないオーラを持っている特別な女性。日常生活では、なかなかレアな存在かもしれませんね!

今回は高嶺の花と言われる女性の条件を紹介します。あなたは何個当てはまっていますか?

スポンサーリンク

1.「可愛い」ではなく「美しい」

高値の花の外見的な特徴は、とにかく見た目が整っていること。しかも、「可愛い」ではなく「美しい」「綺麗」「美人」という印象が強いです。

「可愛い」というのは、案外幅のある表現です。見た目の可愛さの他にも、中身が可愛かったり、不細工でむしろ可愛い「ブサカワ」という言葉すらあったり・・。外見的には決して可愛くない、おじさんさえも「可愛い」なんて言われてしまうこともありますよね。

そして可愛さというのは、親しみやすさを感じさせるものなのです。また、可愛いと判断するかどうかは主観によるものも大きいです。一方で、「美しい」「綺麗」というのは、客観的に誰が見ても美人だということ。みんなが近寄りがたい高嶺の花には、「美しい」という表現がぴったりなのです。

2.友達が意外と少ない

美しい高嶺の花の女性は、みんなに愛されます。ですので、友達も多そうなイメージがありますよね。実は逆です。高嶺の花はむしろ、狭くて密な人間関係を築いていることが多いのです。

高嶺の花は、あまりにも美しすぎてみんなが簡単に近寄れません。男性は「俺なんか相手にされないだろうな」と感じるし、女性も「綺麗すぎて緊張する」「私と違う世界に住む人だわ」と考えてしまうのです。

その結果、周りの人は高嶺の花を遠巻きに見てしまいます。彼女と釣り合うような、美貌や個性を持った人だけが、彼女と親密になれるんですね。

3.いつも堂々としている

美貌というのは女性にとって最大の武器です。美しいというだけで人に好かれたり、就職試験でも有利だったり・・。残酷なことですが、女の人生はその顔面偏差値で大きく左右されます。(美人は得だという揺るぎのない現実9選

そんな美貌という武器を自覚している女性は、態度も堂々としたものです。性格や社会的地位、肩書きなんていうものは、見た目からはわかりません。だけど、美しさは見た瞬間に判断できますし、時に周りを圧倒するものです。

女性は特に、お互いの顔面偏差値に敏感です。無意識のうちに、「AちゃんはBちゃんより可愛い」というふうにランク付けしてしまうんですね。もちろん、高嶺の花はいつでも一番の位置にいるので、自然と王者のような態度になるのです。

4.意外と性格がいい

なぜか、「美人は性格が悪い」というイメージが根強いです。だけど、実はそれは真逆です。高嶺の花は確かにツンとしているイメージがありますが、話してみると実は気さくないい人が多いのです。

なぜなら、美しい人はいつでもまわりから愛されて、大切にされて育つから。常に「可愛い」「美人だね」と褒められ続けて、自分に自信を持ちます。その愛されている実感と自信が、まっすぐな性格を育てるのです。

自分自身が不幸な時に、他人に優しくするのは難しいですよね。すべてに恵まれた高嶺の花は、人を思いやる心の余裕があります。ですので、意外と優しくていい人が多いのです。

スポンサーリンク