最近は若者があまりお酒を飲まないと嘆いている人もいるようですが、皆さんにとってお酒といえば何でしょうか。

その中でも赤ワインは少し敷居が高く、種類も豊富でよくわからないので、未だに手を出せない・・。なんて方は珍しくないと思います。しかし、赤ワインは美味しく、そしてとても深い文化があるだけでなく、健康にも良いのです!

この記事では赤ワインを飲んで良い女になる方法を皆さんにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポリフェノールがたくさん!赤ワインがもたらす効果

「赤ワインが健康に良い」という話は、皆さんももしかするとどこかで聞いたことがあるかもしれません。それくらい、赤ワインのメリットや効果についてはみんな興味津々なんです!

ずばり、赤ワインはポリフェノールをたくさん含みます。ポリフェノールとは、ぶどうの種や皮から得られる抗酸化物質のひとつで、がんや動脈硬化の予防になると言われているんです。また、血液を薄め、血栓の生成を防ぐ効果などもあります。

もちろん飲み過ぎはいけませんが、一日一グラス程度なら害はなく、むしろ健康に良いと言われているのが赤ワインなのです。

参照元:ワインの健康効果

ご飯がおいしくなる

なんといってもやっぱり、ご飯との相性が抜群ですよね。後味や香りは様々ですが、一般的にはお肉料理と非常によくマッチします。

ワインは口の中の脂などもすっきりと流してくれるので、さらにおいしく料理を味わうことができますね。ワインそのものを楽しみたい場合は、チーズやナッツなどを少量ずつ食べながらじっくり味わうのも一つの方法です。

また、赤ワインは種類が豊富。特別な日には少し値が張るボトルなどを購入し、素敵な食事を大切な人と楽しむ為の最高のお供です。

また、どこか特別なレストランへ出かけるときなどは、お店の人にその料理に合うワインを用意してもらうのも良いでしょう。

そうすることで新しい味に出会えることもあり、楽しみが増えますよ。料理の味そのものがおいしくなるだけではなく、雰囲気まで演出してくれる優れものが赤ワインなのです。

ワインは奥が深い!

赤ワインの歴史はとても奥深いものであり、ワイン初心者は何から手をつけたらいいのかさえわからない状態に陥ることも多々ありますよね。

確かに種類も値段もピンからキリまで存在し、何がおいしいのか、どんな形容詞を使って味を表現したら良いのか、などなど分からないことだらけです。しかし、みんな最初はそういうものです。

スポンサーリンク