誕生日にクリスマス、記念日、バレンタインなど、イベントに欠かせないものと言えばケーキ。日本でもお店では素敵なケーキが並びますが、カナダにあるケーキは日本でよく見るケーキとは色もデザインも大きく違ってとても奇抜なものばかり!

そこで今回は、カナダ2番目の規模を誇る大手スーパーチェーン店・Sobeys(ソビーズ)のケーキコーナーにスポットを当てて、私が実際に見たびっくりケーキをリポートします!

スポンサーリンク

日本では見ることのない色ばかり!?

まずはSobeysというスーパーについて軽くご紹介します。Sobeysは他のスーパーと比べると、値段が少し高めに設定されているスーパーなのですが、野菜や肉などの生鮮食品が新鮮でオーガニック商品も多数販売していることから、食事や健康に気を使いたい人からあつい支持を集めています。

しかし、そのほかにも一つ特徴的なポイントがあります。それがこちらの、ケーキコーナー。

ケーキ

一見すると、大きなイチゴが乗っているケーキや、ホイップクリームたっぷりのケーキがあってとてもおいしそうなのですが、広々としたケーキディスプレイを見ていくと、日本ではなかなか見ないような彩りのケーキも…!

ケーキ

手始めにまずはこちら。青や紫、水色といった寒色系や鮮やかな黄色やオレンジなど、日本のケーキ店ではなかなか使われないような色合いが並びます。

特に手前のケーキは、パッと見ただけではとてもシンプルなのですが、日本人からするとなんだか不思議な色合いとデザインですね。

これは後々家庭でデコレーションできるようになっているので、仕上げは自分たちでやりたい!という人たちにはぴったりなのです。

トーマスのケーキ

こちらはまさに店員さんの力作、機関車トーマスのデコレーション誕生日ケーキです。写真では見づらいですが、おもちゃのトーマスを使ってカラフルにデコレーションが施されていて、もはやケーキの域を超えて芸術的!子どももきっと喜びますね!

ただ、子どもの誕生日にド派手デコレーションケーキを食べたことのある私の友人(日本人)は「とてつもなく甘くて全然食べれなかった…」そうです…。

ただ派手なだけじゃない!ケーキでイベントを先取り!

Sobeysのケーキは、国内のイベントを常に先取りしています。例えばこちら。

ハロウィンのケーキ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

yurie.s

英語がほとんど話せない状態で、新聞記者の仕事を辞めて夫とカナダ・オンタリオ州のウォータールー市へ。四苦八苦しながらも、楽しいカナダ生活の情報を現地から発信しています。