毎年11月の第三木曜日はボジョレーヌーヴォーの解禁日です。日本は時差の関係上、本国フランスよりも早く解禁され、その消費量も世界一です。

今回は日本とはまた違うパリジェンヌたちのボジョレーヌーヴォーの捉え方、その反応について最新情報と共に現地よりレポートしていきます。

スポンサーリンク

現地ではボジョレーヌーヴォーは人気がない?!

ボジョレーヌーボー

日本ではその解禁日をカウントダウンするほど人気のボジョレーヌーヴォー。フランスでも解禁日当日にはスーパーマーケットの店頭に様々なボジョレーヌーヴォーが並べられています。

風物詩として店頭に並べられているものの数も少なく、どこに陳列しているのか見逃すほど地味に販売されています。

購入する人も今年の出来はどうかな、と試飲感覚で手にするものの日本ほどボジョレーヌーヴォーを目当てにワインを買いに来たという人はあまりいません。

解禁になったことを知らずにスーパーマーケットに来て、初めてボジョレーヌーヴォーが解禁になったことを知るフランス人もいるほどです。

ボジョレーヌーヴォーはその年にボジョレー地方で搾取されたぶどうを使ったワインのことを言います。年月が経つほど美味しさも増すとされるワイン、フランス人たちにとってボジョレーヌーヴォーは味の深みがなく『若い』ワインなのです。

だけども今年は様子が違う!?

そんなフランス人たちにとってはさほど人気ではないボジョレーヌーヴォーですが、今年は少し様子が違います。というのも今年の夏、フランスでは記録的な暑さを記録し猛暑の日々が続きました。

雨もよく降っていたので、今年のボジョレーヌーヴォーは太陽の日差しと水分を存分に浴びたブドウを使うことができました。そのため、ここ数年のものより美味しいのだそうです。

私も解禁日の週末に友人とレストランに行き、ボジョレーヌーヴォーをオーダーしたのですが、なんと売り切れていました。

数年前にレストランでボジョレーヌーヴォーを頼んだときは店員のフランス人に失笑され、「そんなまずいワインはうちには置いていないよ。」と言われたときと雲泥の差です。

ボジョレーヌーヴォーだってビオが好き!

ボジョレーヌーボー

フランス人たちはビオ(有機栽培)で作られた製品が大好きです。パリ市内に専門のスーパーも沢山あります。

スポンサーリンク