一度は愛し合って結ばれた二人でも、長年連れ添っていくうちにお互いの価値観や考え方に変化が表れて、意見が食い違って喧嘩が絶えない・・。そんな話をよく耳にします。

結婚したばかりの時は、衝突しても譲り合って話し合いで解決することができたのに、今では家庭内別居状態。「あの頃に戻りたい・・。」そんな夫婦も少なくないと思います。

今回はそんな夫婦のために、家庭内別居になってしまった夫婦関係を修復する方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.自問自答する

何が原因で夫婦生活が壊れてしまったのか?一度考える必要があります。夫婦生活が壊れてしまう原因はたくさんありますよね。例えば、どちらかの浮気、日常の会話が減った、子供ができてからレス、お互い構うことがなくなった・・。

問題を考える際に一番大切なのは、もちろんあなたの気持ちです。一度壊れてしまった人間関係を修復するのは、忍耐が必要になります。十分な覚悟があり、もう一度家族と仲良く暮らしていきたいと強く願っているのであれば、修復の可能性はとても高まります。

「もう無理だろ・・」そうあなたが思ってしまったら、修復は不可能です。幸せな家庭を取り戻すためにも、自分に問いかけてみてください。本当に旦那ともう一度仲良くなりたいのかを。

2.問題を解決する

自問自答したところで、それでも旦那との関係を修復したいと思ったなら、さっそく実行に移しましょう。先程なぜ夫婦の中に深く亀裂が入ってしまったのか?を自問自答しましたよね。その問題は解決できそうですか?

もしあなたが浮気してしまったのなら、積極的に行動に移してはいけません。あなたが浮気してしまい相手を傷つけてしまったことを深く反省し、相手の信頼を取り戻すように心がけるしかありません。

もし彼が浮気をしてあなたを傷つけてしまった場合、彼が本当にもう二度としないのか?あなたが本当に彼を許せるのか?この2点をきちんと考える必要があります。

ちょっとしたことで口論になり相手の昔の過ちを指摘してしまっては、修復するものも修復できなくなってしまいます。一度自分の中で完全に消化しなければ家庭内別居状態からは抜け出せないでしょう。

日常の会話が減ったりレスになってしまった場合は、相手があなたの事を女性として意識しなくなってしまった可能性があります。その場合は、外見を気にするだけでなく、付き合い始めの頃にあった恥じらい・しぐさなどを思い出してください。

とにかく理由は何であれ、問題が解決できなければ先に進めません。どうしても解決できないものなら、お互いに自分の中で受け入れて消化しきるしかないのです。

3.とことん話し合う

自分の中で問題を解決できた、消化することができた、と納得できましたか?あなたが一歩踏み出すことができたなら、次は相手に気持ちを伝える必要があります。

「色々あってこのような結果になってしまったけど、あなたともう一度向き合ってきちんとやり直したい。」と素直な気持ちを伝えましょう。

スポンサーリンク