悲劇のヒロインは不幸な女性のことで良い言葉ではないのですが、悲劇のヒロインになりたがる女性が増えています。それは人の気を引かせるために自分でも気付かないうちになっている場合があるのです。

そこで今回は悲劇のヒロイン症候群の特徴を紹介します。自分に当てはまる項目があれば、あなたも悲劇のヒロイン症候群かもしれません。今すぐチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

1.周囲に同情してほしい

なぜ悲劇のヒロインになってしまうのか?そもそもの理由は、同情の言葉がほしいからです。常に心配して自分のことを気にかけてほしいのです。言い方を変えると、かまってちゃんタイプの女性だと言えるでしょう。

  • 「私は体が弱いの」
  • 「私は小さい頃から家庭環境が悪いの」

このような不幸話を聞いている人は、その人のことを心配します。「体は大丈夫かな?精神的に大丈夫かな?」とその話を聞いてからは優しくなるでしょう。

悲劇のヒロイン症候群の女性にとって、このように気にかけてもらえることが何よりも嬉しいのです。「私は不幸だから気にしてね!」というオーラを放っているのは、悲劇のヒロイン症候群の女性の大きな特徴だといえるでしょう。

2.可哀想は褒め言葉だと思っている

あなたは「可哀想ね」と他人から言われると、どのように感じますか?「可哀想?そんなこと言われるなんて侵害!私は可哀想な女なんかじゃない。」と嫌な気持ちになりますよね。

このような感情になるなら悲劇のヒロイン症候群ではありません。可哀想と思われることを嫌だと感じることができるからです。それとは逆に、「可哀想と思われるなんて嬉しい!」と感じてしまうのは悲劇のヒロイン症候群の特徴です。

可哀想は自分への褒め言葉だと思っているので、まったく嫌な気持ちにならないのです。この言葉を聞いて自分がどう思うか?一度考えてみてください。

3.不幸話を盛る

悲劇のヒロイン症候群の女性は、自分の不幸話をよくします。そしてこの不幸話は、実際にあったことよりも話を大きく膨らませている場合が多いです。

例えば、元彼が嫌な男で苦労したとします。実際の話は性格が悪く女遊びをするような男。苦労したのも事実でしょう。しかし、この話を周囲にする時に悲劇のヒロイン症候群の人は、もっと嫌な男であったことをアピールします。

「私は元彼ですごく苦労したの。元彼は怒るとすぐに手が出る人で何度か暴力をふるわれた。その挙句に女遊びも激しくて、私の他に2人も女がいたの。最後は私のお金を奪って女と逃げたわ。それから私は男性を信じるのが怖くなってしまったの・・」

この中で実話は5割くらい。残りの5割は話を盛っています。ここまで盛らないと不幸話が盛り上がらないし、人の気を引けないと思っているのです。

幸せ話ではなく不幸話をつい盛ってしまう人は、悲劇のヒロイン症候群の可能性がありますよ。

スポンサーリンク