国や文化を問わず、誰もが人生の様々な時点で人を愛するという経験をします。

とはいえ、スウェーデンで生活し、日本ではあまり一般的ではない恋愛観や結婚観を目の当たりにする中で、恋愛や愛情の定義や表現方法は、国や文化によって異なるものだと実感しています。

そこで今回の記事では、スウェーデンと日本の恋愛、結婚事情の違いについてお伝えします。

スポンサーリンク

スウェーデン人カップルの出会いとは?

日本のカップルと同様に、高校や大学時代など、人生の早い段階で生涯のパートナーに出会い、長年交際しているカップルもいれば、趣味の活動、共通の友人、インターネットを通じて等、出会いのきっかけは様々です。

スウェーデンの恋愛事情で特徴的なのは、インターネット上での出会いに関する偏見が本当に少ないという事です。真剣な交際を求める利用者向けからカジュアルな関係を求める人向け等、色々なサイトがあります。

北米や他のヨーロッパ諸国と同様に、「付き合って下さい」と告白をした上で交際を始めるという習慣は、スウェーデンでもあまり一般的ではありません。

ただし、一人で悶々と、「自分は相手にとって何なんだろう」と考えるのではなく、正直に話し合う事でお互いの気持ちを確かめ合ってはいます。

スウェーデン人カップルの愛情表現とは?

他のヨーロッパ人カップル同様、スウェーデン人のカップル間でも、男女両方が言葉や態度でパートナーへの愛情を伝え合うという事は重要視されています。

愛情表現が大切と言っても、公共の場でキスをする、体に触れあう等は、子供じみていて周囲に不快感を与える行動として認識されています。

結婚制度にとらわれないスウェーデン人カップル

他のヨーロッパ諸国同様、スウェーデンでも、結婚を前提とする事なく同棲をし、そのまま出産をするという関係は一般的です。

このヨーロッパ特有の結婚に拘らない関係について、日本では、「結婚制度そのものに疑問を持っているからでは」「愛情や情熱だけで繋がっていたいから」「結婚するほど真剣な関係ではないのでは」等、色々な解釈があるようです。

実際に一部のヨーロッパ諸国では、離婚の際に別居期間が義務づけられている、無職の配偶者を離婚後も扶養する責任が生じる等、離婚の際の不利益や手間を考えて結婚しない事を選択するカップルもいるようです。

スウェーデンでも、そういった理由であえて結婚をしないカップルは勿論います。しかし、実際のところ、結婚していないという理由で生じる不都合や不利益が無いに等しいため、現状のままで幸せだと感じているカップルが多いのです。

また、スウェーデンでの離婚は非常に簡単です。片方の同意が得られない場合でも、半年経てば、自動的に離婚できます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

近藤万祐子

神奈川県横浜市出身の30代の日本人女性です。2012年に、スウェーデン人男性と結婚し、スウェーデン南部へ移住しました。現在は、現地の大学で心理学と教育学を勉強しています。また、学業の傍ら、スウェーデン在住ライターとして、海外生活、留学、異文化理解、ヨーロッパと日本の教育などに関する記事を投稿しています。