仕事がバリバリできて、スーツが決まっている会社の上司、ステキだな~って思うことは誰でもありますよね。もう少し相手のことを知りたい!もう少し話がしたい!と思っても、まったく脈ナシな上司にどうやったら自分の存在を意識してもらえるのか悩んじゃいますよね。

ただの知人ならともかく、会社の上司ともなると他の社員や同僚の目も気になりますし、何かトラブルに発展したら仕事を続けるのも難しくなっちゃうかも・・。実は会社の上司に恋することは、前途多難なものなのです。

でも、なんとかして上司をこちらに振り向かせたい・・。今回はそんな殆どつながりのない脈ナシの上司をあなたのことで頭をいっぱいにする『誰でもできるさりげない方法』を紹介します。

1.仕事についての相談で距離を縮めよう

片思いの上司を射止めるためには、まずは仕事の相談で彼との距離を縮めてください。いきなりプライベートな話を上司とするのは難しく、タイミングもなかなかつかみにくいものです。

一緒にしている仕事や社内のことなど、当然しても問題ない仕事の相談をすることで、彼との会話を重ねて行きましょう。その中で、あなたと彼の距離は少しずつ縮まっていくでしょう。会話の合間にほんの少し、プライベートが垣間見えるようになってくると思います。

2.タイミングを見て積極的に話しかけて

上司はあなただけでなく、基本的には社内の誰とでも仲良く話せる間柄でいたいと思っています。ですから時間や状況をわきまえれば、基本的に部下からプライベートの話をされることは悪い気分にはならないでしょう。

ただ、業務時間中や周りに人がたくさんいるところでのプライベートな会話は敬遠されるでしょう。おしゃべりな女子が上司と業務時間内に話していても、そんな女子は恋愛対象からは外されるはずですから気にしないでください。

3.会話の中で相手を褒めるキーワードを

片思いの上司に自分に好意を持ってもらいたいなら、会話の所々に上司を褒めるキーワードを入れるようにしましょう。基本的に人間は、自分を褒めてくれる人には好印象を持つものです。

「私には気付けませんでした。さすが○○さんですね。」というように会話の流れの中で、上司を褒めるようにしましょう。あまりにもあからさまに褒めると相手も不審に思うので、適度な褒め言葉を選ぶのが大切です。まずは「あの子は自分を慕ってくれるいい子だな」と思ってもらいましょう。

4.仕事に対する熱意を彼に見せつけよう

上司と仲良くなりたいと思ったら、まずは業務時間中は仕事にしっかり集中しましょう。仕事の上で彼からの信頼を得ることが、上司に好意を持ってもらう第一歩になります。

仕事がダラダラ遅かったりミスばかりしている部下は、上司にとっては「要注意な部下」であり、恋愛の対象にはならないでしょう。

彼に「仕事がよくデキる子だ」と思ってもらえれば、あなたへ仕事をふってきたりお客様のところに同行させたりと、一緒にいる時間もきっと増えるはず。

5.仕事以外の場所で自分をアピールしよう

ついつい片思いの上司に自分を売り込みたくなってしまいますが、業務時間中にそれをするのはNGです。業務時間は仕事に集中して、業務時間外の朝や帰り、昼休みなどにアピールするようにしましょう。