男性に上手く甘えている女性を見て、羨ましく感じたことはありませんか?甘えることは簡単なようで、実はとても難しいものですよね。ついつい強がってしまうという女性は、甘えるためのテクニックを身に付けましょう。

今回は男性をイチコロにする甘え上手な女性になる方法を9つご紹介します。これを参考すれば、大好きな彼を落とせるかも♡

スポンサーリンク

1.完璧な自分にならない

甘え下手な女性に多いのが、完璧主義者な人です。なんでも自分で最後まで行うことが当たり前と思い、人の助けを借りることを恥ずかしいと思っているのです。そのため、男性に甘えることもできません。それでは男性も出る幕がないですね。

甘え上手になるには、完璧でいることは邪魔になってしまうのです。まずは完璧主義な自分を一度やめてみましょう。完璧でなくても良い。そう頭の中で意識するだけで、人に甘えることができます。

もちろん、普段の生活は完璧であるのは良いことです。あくまで男性の前では、甘えたいと思っている人の前では、ということが前提です。意中の彼の前だけは、意識して完璧を目指さないようにしてみましょう。

2.できる事でも男性を頼る

大人にもなれば、ある程度のことは自分で出来ます。しかし甘え上手な女性は出来ることも、敢えて出来ないふりをして男性を頼るのです。頼られて嫌な男性はいません。喜んで応じてくれるでしょう。

例えば、そこまで重くない荷物を持っていて「持つよ?」と男性に言われた時。「重くないから大丈夫だよ」という女性と、「ほんと?すごく助かる。ありがとう。」という女性。

これは明らかに後者の女性の方が可愛げがありますね。上手に甘えているのです。持てるか持てないか?出来るか出来ないか?ではなく、言ってもらったら、その言葉に頼って甘えてみましょう。

男性も一度断られてしまうと、なかなか助けを出してくれなくなるので最初が肝心ですよ。

3.わかる事もわからないふりをする

なんでも知っていて、なんでもわかる女性よりも、わからないことがある女性の方が甘え上手です。

携帯の使い方も詳しくて、運転も上手で、歴史や政治にも詳しい女性。知的で素敵な女性です。しかし、男性からすると一人で生きていけそうな強い女性というイメージになってしまうのです。

反対に携帯の操作が苦手で、免許は持っていなくて、歴史や政治は有名なこと以外は知らないという女性。一緒にいると、色んなことを教えてあげたくなります。

話の中で「その話の意味、わからないから教えて?」と言うだけで、男性は自慢げに知っている話をしてくれるでしょう。それが自分が知っていることだとしても、敢えてわからないふりをすることも大切です。

この子には俺がいないとダメなんだと男性は勝手に思い込み、そばにいてあげたくなってしまうものなのです。

4.可愛いわがままを言う

甘えることと、わがままは違います。甘え上手な女性は可愛くてモテますが、わがままな女性はモテません。ではこの甘えることと、わがままはどこが違うのか?

まず、甘えとは相手を困らせないことです。わからないことを聞いたり、思い荷物を運んでもらったり、もう少し一緒にいたいとお願いしたり・・このようなことは相手は困らない範囲のことです。これは甘えであり、可愛いわがままなのです。

反対に、ただのわがままは相手を困らせることです。深夜に今から迎えに来てと頼んだり、自分の小さなバックまでも持たせたり、気分でデートの場所を勝手に変えたり・・このような言動は言われた相手は困ってしまいます。

困らせてしまうと、これはもう甘えでも可愛いわがままでもなく、ただのわがままなのです。これを言って相手はどう思うのか?それを考えた上で、上手に甘えるように気をつけましょう。

5.適度にボディタッチをする

甘え上手な女性は、男性との距離が近い人が多いです。距離が遠いと上手に甘えることが出来ないからです。また相手のスペースに入り込む気持ちこそが、甘え上手には必要なものなのです。

最初は難しいと思いますが、少しずつ話す距離を近づけていきましょう。そして盛り上がって笑った時にそっと肩に手を置いてみたり、足に手を置いてみましょう。

話の中で手大きいね♡と言って手を触ってみたり、筋肉すごいね♡と言って筋肉を触ってみるのも良い方法です。相手にボディタッチをすることで、お互い心が近くなります。そうすることで安心した気持ちから、自然と甘えられるようになるのです。

ボディタッチの上手な女性が知ってる4つのポイントを併せて読むと参考になりますよ。

6.色んな表情を作る

無表情だったり、いつも怒ったような表情をしている人は甘え上手にはなれません。甘え上手な人は見るたびにコロコロと表情が変わります。

悲しい時は目に涙を浮かべて心から悲しそうな表情。悩みがある時は困った表情。体調が悪い時には辛そうな表情。このような変化する表情に、男性は気にかけて話しかけてくれます。

そんな時は、その言葉に素直に甘えてみましょう。元気になったら嬉しそうに満面の笑みを浮かべると、またこの笑顔を見たいと男性は思います。さらに甘えさせてくれるようになるでしょう。

自分で喜怒哀楽、色んな表情が作れるように鏡の前で練習してみましょう。きっと、その努力は報われますよ。

7.無防備な部分を作る

完全防備の女性では、男性は入り込む隙もありません。そうすると甘えるタイミングがなく、結局甘えることはできないのです。甘え上手な女性は無防備で隙があります。その無防備さや隙が、男性の甘えさせてあげたい!という気持ちを作りだしているのです。

では無防備になるとはどのような事なのでしょうか?それは気を張らない事です。

  • 少し一人でボーとしてみる
  • たまに転んでしまう
  • 忘れ物をしてしまう
  • 服を汚してしまう
  • 知らない人にもニッコリ微笑む

そんな気の張らない緩い空気が男性には無防備に感じるのです。あまり焦ったり、せっかちに行動せずに、ゆっくりと時に身を任せて過ごしてみましょう。甘える隙を男性の方から与えてくれるはずです。

8.男性のことを褒める

甘え上手な女性は、ただ自分だけ甘えているわけではありません。男性を褒めたり、立てたりするのがとても上手なのです。そのため、男性も甘えてくることに嫌悪感をもたないのでしょう。求めるばかりではいけないのですね。

  • 重い荷物を持ってくれた時には「力持ちなんだね♡本当に頼りになる。ありがとう」
  • 知らないことを教えてくれた時には「物知りなんだね。尊敬しちゃうな。これからも聞いていい?」
  • 寂しい時にそばにいてくれた時には「一緒にいるだけこんなにも安心できるなんて○○君って凄いな」
  • 寒い時に上着を貸してくれた時には「寒くない?本当に男らしくて優しいんだね」

このように甘えさせてくれたことに感謝すると同時に、男性のこと褒めるのです。そうする事で更に甘え上手になることができ、男性も甘えるあなたを受け入れてくれるでしょう。

9.素直になる

甘え上手になるのは、頑固ではダメです。素直になりましょう。素直でいるだけで自然と甘え上手になれるのです。

生活していると、お腹が空いたり、寒かったり、疲れたり・・色んなことがありますね。その気持ちを素直に男性に伝えるのです。それだけで男性は甘えているのかな?と思って優しくしてくれるでしょう。

なんでも我慢してしまったり、頑固になってしまうと甘えるタイミングがわからなくなってしまいます。わがままにならないように気をつけつつ、素直な気持ちで過ごすことが甘え上手になるには大切なのです。

甘え上手な女性は空気を読む

男性をイチコロにする甘え上手な女性になる9つの方法を紹介しました。甘え上手は自然なようで、実は気配りができたり、周りの空気を読んだりしています。そしてタイミングをみて上手に甘えているのです。

ただわがままを言うのではなく、上手に甘える女性になるには、周囲への配慮がまずは必要なのです。周りをよく見ながら甘え上手な女性になってくださいね。

スポンサーリンク