食欲の秋が到来しましたね!栗、きのこ、薩摩芋、さんま…秋らしい食材のお目見えに、心踊らせている女子は多いことでしょう。今年はちょっぴり角度を変えて、お洒落にイタリアの秋の味覚を楽しんでみては?

眩しい太陽に海の楽しいバカンスシーズンは終わり、グルメなイタリア人にとっても次のお楽しみは、赤ワイン片手に楽しむ、秋の食材。日本のように四季が豊かなイタリアでは、イタリア人も日本人のように秋の食材を心待ちにしているのです。

イタリアで最も人気ある秋の食材の一つは、きのこの王様・ポルチーニ茸、トリュフ、栗。今回は日本でも手に入れやすいイタリア食材で、女子会を盛り上げるメニューをご紹介しましょう。

ポルチーニ茸

ポルチーニ茸

その香り高さから、イタリアでも高級食材として大人気のポルチーニ茸。秋になるとイタリアの市場にフレッシュポルチーニが出回り、日本でも空輸され一部のレストランなどでお目見えします。

でも鮮度が命のフレッシュポルチーニは、日本では手に入れるのが困難なのが現状。そこで日本でも手に入れやすいのが乾燥ポルチーニ。乾燥された分、特有の香りが一層濃縮され、極上の旨味の元となります。

乾燥ポルチーニを使ったおすすめメニューは、リゾットや、タリアテッレなどのパスタ。乾燥ポルチーニを水で戻し、戻し汁ごと調理します。

日本の生のきのこを加えたり、生麺のタリアテッレを使えば、簡単ながらレストランで頂くような贅沢な一品に。パルミジャーノチーズとも相性抜群なので、たっぷり振りかけるのをお忘れなく。

トリュフ

パスタとトリュフ

こちらも言わずと知れた高級食材。黒トリュフと白トリュフがあり、そのうちより高級で珍重されるのは、なんといってもイタリア北中部でとれる白トリュフ。ピエモンテ州のアルバでは毎秋トリュフ祭りが盛大に催される程、世界でも有名な産地です。

バターかオリーブオイルだけを和えた、タリオリーニ(タリアテッレよりより細い麺)に、目の前で生トリュフをすりおろす一品はこの時期だけの楽しみ。

保存がきかず、高価なトリュフもなかなか手が届かない食材。そこで活躍するのがトリュフ塩や、トリュフオイル。

トリュフオイルならタリアテッレを茹でてバターとトリュフオイルで和えるだけ。トリュフ塩ならステーキに振りかけるだけで香りがいっぱいに広がります。トリュフは卵との相性も抜群なので、半熟玉子にオイルをかけるだけでも立派な一品に。

マロンペースト

マロンペースト

ABOUTこの記事をかいた人

NAOKO

イタリア・トスカーナ在住。イタリア特産品のスペシャリスト。大好きなイタリアの食文化、スローなライフスタイル、イタリアの素敵なものや街をご紹介します!