秋の行楽シーズンがやってきましたね。街歩きにもぴったりのこの季節、イタリア観光を計画している方もいることでしょう。

イタリア観光に欠かせない街といえば、花の都フィレンツェ。そこで今回はフィレンツェのオススメのお土産をご紹介致します。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の癒やしコスメ

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

その起源は1200年代にまで遡ると言われ、現存する薬局では世界最古の薬局。天然の草花や油脂を用い、薬草がもつ効能を最大限に引き出す、伝統に裏付けされたレシピが今も受け継がれています。

そんなレシピでつくられた製品は、ドミニコ修道会の教義である癒やしの実践の結晶そのもの。

この薬局の看板製品は、オーデコロン。「王妃の水」という名を冠した、カテリーナ・ディ・メディチがフランスへの嫁入り道具の一つとして選んだ由緒正しい香水を始め、天然の草花を原料としたオーデコロンばかり。シンプルながらヨーロッパの香りが漂うボトルも、飾っているだけで気分が上がる美しさ。

その他にも、ルームフレグランスやローズウォーターなどを始めとするコスメ製品が充実。特に種類が充実していてパッケージの美しい石鹸やポプリは、嵩張らず値段もお手頃でお土産にぴったり。ポプリはハードワックスで固められた、しおりのようなタイプもありおすすめ。

サンタ・マリア・ノヴェッラの製品は、赤ちゃんから敏感肌の女性、男性まで家族みんなで使えるのも嬉しいところ。

また、お買い物の際に見逃せないのが、フィレンツェ本店の建物。歴史を感じさせる美術館さながらの洗練された店内も、是非じっくり味わいたいですね。

Dr.Vranjes(ドットール・ヴラニエス)のルームフレグランス

ドットール・ヴラニエス

おしゃれなフィレンツェっ子が愛用する、ルームフレグランス専門店、ドットール・ヴラニエス。

最高品質の天然エッセンシャルオイルと天然原料を用い、全行程をハンドメイドで作り上げたフレグランスは、創始者がこだわるアロマテラピーの癒やしそのもの。クラシカルなガラスのボトルも、上質な香りが生み出す洗練した空間に華を添えます。

スタンダードタイプでは、水、空気、火、大地という名を冠するものから、ザクロ、ローズ、ラベンダー&タイムなど、種類も多様。

人気を博したロッソ・ノービレという赤ワインをモチーフにしたフレグランスのように、年に一つ発表されるという最高級コレクションも見逃せません。

フレグランスの色も種類によって様々なので、使いたい場所や目的、部屋のインテリアなどを考慮し、ひとつひとつ試してみてくださいね。ボトルは250mlからあるので、自分へのご褒美に、男女問わない気の利いたギフトにぴったり。

ABOUTこの記事をかいた人

NAOKO

イタリア・トスカーナ在住。イタリア特産品のスペシャリスト。大好きなイタリアの食文化、スローなライフスタイル、イタリアの素敵なものや街をご紹介します!