国が違えば言葉はもちろん、文化の面においてもたくさんの違いを感じることがあります。一般的に「カルチャーショック」と言われているものですが、筆者もアメリカに来てカルチャーショックを感じる場面に多く遭遇しました。

今回は、そんな筆者が個人的に感じたカルチャーショックについてシェアさせていただきます!

スポンサーリンク

靴のまま家に上がる

アメリカでは靴を脱がずにそのまま家に上がることが多く、元々その文化のことは知っていたのですが、やはりカルチャーショックを感じました。

特に赤ちゃんがいる家庭でも靴のまま上がって、赤ちゃんはその床の上をハイハイしたり、おもちゃを口に入れているのを見て、少し心配になってしまいました。

アメリカ人いわく、その習慣が菌に対する耐性を強め健康的な身体を作ってくれるそうです…。

アメリカには日本のような玄関がないのですが、やはり日本人である私は靴のままお家に上がるのが抵抗があるので、玄関の境目を自分で作ってお家では靴を脱いで生活するようにしています。

お会計前のものを飲んだり食べたりする

日本ではありえないことですが、アメリカではお会計前の食品やドリンクを飲む人も結構います。アメリカ人の友人いわく、「どうせ後から払うのだから同じこと」らしいのですが、やはりこちらも大きなカルチャーショックを感じました。

お店の人も特に注意したりすることもなく、一種の文化として根付いているようです。

ハグをする人も多い

日本では初対面の場合、お互いお辞儀をしたり、フィジカルな触れ合いがあるとしても、握手までであることが大半かとは思いますが、アメリカでは初対面でもハグをする人が結構多いです。

義家族などの関係性でない限り、男性がハグをすることは少ないのですが、女性同士の場合はハグをする人も多くいます。最初はびっくりしたのですが、個人的には徐々に慣れていき、素敵な文化だなと思うようになりました。

自己防衛の意識が高い

アメリカに来て感じたことなのですが、アメリカでは自分の身は自分で守るという意識を高く持っている人が多い気がします。

家庭でもベッドサイドに銃を置いていたり、女性も出かける際はペッパースプレーやスタンガンなどの護身グッズを持って出かける人が多いです。

私もアメリカに住み始めて、日本がどれだけ治安が良かったのかを痛感したと同時に、自分の身は自分で守らないといけないと感じ始めました。

自宅には護身のために銃を置いているのですが、きちんと取り扱えない人が生半可に身を守るために使おうとすることが一番危険なので、現在では主人に教えてもらいながら射撃の練習もしています。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

一条さき

海外生活2年目で、アメリカに住んでおります。美容やコスメに関すること、お料理やお菓子作り、日本の伝統芸術などが大好きです。皆さまに楽しんでいただけるような情報をお届けできるよう精いっぱい頑張ります♪