さまざまな人種が住むアメリカでは、文化もさることながら、食事の面でもあらゆる国の料理文化が定着しています。

そんな海外生まれでアメリカでも人気なスイーツの一つに「Sticky Toffee Pudding(スティッキー トフィー プディング)」があります。

今回はそんなSticky Toffee Puddingについてレシピと共にご紹介させていただきます!

Sticky Toffee Puddingとは?

ケーキ

イギリス生まれのこちらのスイーツは、デーツ(ナツメヤシ)を使ったダークカラーの見た目が特徴となっており、幼いことから卵をたっぷり使った「カスタードプリン」を食べてきた日本人からしたら、到底プリンには見えないのですが、アメリカやイギリスではプリンの一つとして親しまれています。

メインとなるデーツは、豊富なビタミンやカルシウム、鉄分などが含まれており、女性の健康にも良い効果を発揮してくれます。

そんなSticky Toffee Puddingは、1970年代にイギリスで誕生した比較的新しいスイーツですが、「STP」と略されてレストランで提供されるなど、すでに大人気のスイーツとなっています。

調理段階でデーツを煮て生地に入れることで驚くほどのしっとりとした食感と、トフィー(キャラメルソース)が織り成すくせになる濃厚な甘さは、クリスマスなどの特別なイベントにもぴったりのスイーツです。

Sticky Toffee Puddingのレシピ

用意する食材

ABOUTこの記事をかいた人

一条さき

海外生活2年目で、アメリカに住んでおります。美容やコスメに関すること、お料理やお菓子作り、日本の伝統芸術などが大好きです。皆さまに楽しんでいただけるような情報をお届けできるよう精いっぱい頑張ります♪