外国に暮らしていると無い物ねだりなのか、日本にいた時は欲しいと思わなかったものが欲しくなります。特に恋しくなるのはやはり日本食。パリでも日本食レストランはよく見かけますがそのほとんどが中国人オーナーのエセ日本食レストランです。

今回はパリに住んでいる方も、旅行中の方も、滞在中に日本食が恋しくなった時のお助けスポットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

お豆腐が恋しくなったらココ!

豆腐

オペラ座がある通りの近くには、パリで有名な日本人街があります。その日本人街のメインストリートから少し離れたところに、パリで初めてのお豆腐専門店、『TOFUYA(豆腐屋)』ができました。

絹どうふがメインですがおぼろ豆腐も販売しています。おぼろ豆腐は購入したい分だけ注文する量り売りスタイルです。

こちらのお豆腐は大豆本来の味が感じられ、お豆腐のフレーバーの種類もピスタチオやパプリカといったユニークなものが揃っています。

身体に優しいお弁当が恋しくなったらココ!

弁当

BENTOと表記されパリ市内でも人気の日本スタイルのお弁当。前述した日本人街にもお弁当屋さんがたくさんあります。

ただ、どれも日本のコンビニエンスストアやスーパーマーケットの惣菜コーナーで販売されているようなフライ物が多い高カロリーそうなお弁当です。

そこでオススメしたいのが『Hana Bento(ハナ弁当)』。こちらではメインのおかずを選んだ後、その場でご飯を別の容器に詰めてくれます。そのため時間が経ってご飯が硬くなることがなく、出来立てを美味しく食べられます。

デザートやいなり寿司などお弁当以外のメニューも充実しており、テイクアウトだけでなく店内やテラス席で食べることもできます。

本場の味、讃岐うどん!

うどん

たまにラーメンやうどんなどの麺類を無性に欲する時がありませんか。そんな時にオススメしたいのがこちらの『国虎屋(くにとらや)』。

毎日手打ちしているうどんは太めの麺でしっかりとしたコシを感じられます。うどんだけでなくカツ丼などの丼ものやおでんも店内で売られています。

スポンサーリンク